2022年7月、三菱UFJモルガン・スタンレー証券で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「eMAXIS 日経225インデックス」の概要

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の7月ランキング1位は、「eMAXIS 日経225インデックス」だった。同ファンドは、日経平均株価(配当込み)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。6月の日経平均株価は、9日の高値28,389.75円から20日の安値25,520.23円まで急落した。ただ、7月は28,000円を目指す展開となり、同ファンドの7月末の基準価額も32,613円と、6月末の30,971円に比べて5.3%上昇した。8月に入っても日経平均株価は堅調な展開になっているが、三菱UFJモルガン・スタンレー証券のランキング上位に入るかどうかに注目している。

■eMAXIS 日経225インデックス
基準価額 30,971円
信託報酬 0.44%(年率・税込)
純資産残高 455.36億円

<騰落率>
1カ月 -3.2%
3カ月 -5.0%
6カ月 -7.5%
1年     -7.0%

※6月末時点

全体を見て:「MUFGウェルス・インサイト・ファンド(標準型)」が3位にランクイン

「MUFGウェルス・インサイト・ファンド(標準型)」が3位にランクインしている。同ファンドは、日本を含む世界の株式、債券、REIT(不動産投資信託)に投資するバランスファンドである。また、商品(コモディティ)やオルタナティブ資産にも投資することがあり、幅広い資産に分散投資するので、リスクを抑えた運用が可能だ。6月は-0.4%となったが、7月末の基準価額は10,787円と、6月末の10,495円に比べて2.7%の上昇となった。安定的な収益が期待できるファンドとして、8月以降も三菱UFJモルガン・スタンレー証券のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■MUFGウェルス・インサイト・ファンド(標準型) 
基準価額 10,495円
信託報酬 1.2565〜1.2865%(年率・税込)
純資産残高 178.51億円

<騰落率>
1カ月 -0.4%
3カ月 -2.2%
6カ月 -2.5%
1年     2.5%

※6月末時点

ここに注目:「eMAXIS 国内物価連動国債インデックス」が2位にランクイン

「eMAXIS 国内物価連動国債インデックス」が2位にランクインしている。同ファンドは、国内の物価連動国債に投資する。物価連動国債とは、全国消費者物価指数(CPI)の動きによって元金額や利払い額が変わる国債である。国内でも物価上昇懸念が高まっているので、インフレヘッジとして同ファンドは有効である。安定的な収益が期待できるファンドとして、8月以降も三菱UFJモルガン・スタンレー証券のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■eMAXIS 国内物価連動国債インデックス  
基準価額 9,558円
信託報酬 0.44%(年率・税込)
純資産残高 55.38億円

<騰落率>
1カ月 -0.3%
3カ月  1.1%
6カ月  2.3%
1年     3.7%

※6月末時点