2022年7月、北洋銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「新光US-REITオープン」の概要

北洋銀行の7月ランキング1位は、「新光US-REITオープン」だった。同ファンドは、米国のリート(不動産投資信託)に分散投資するアクティブファンドである。8月5日時点における6カ月の騰落率は+9.6%、1年間の騰落率は+17.1%と高いリターンになっている。同ファンドの構成銘柄の配当利回りは2.64%(7月末時点)で、インカムゲイン狙いの投資対象としても魅力だ。8月以降も北洋銀行のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■新光US-REITオープン
基準価額 2,290円
信託報酬 1.683%(年率・税込)
純資産残高 4,867.71億円

<騰落率>
1カ月  1.9%
3カ月 -1.1%
6カ月  9.6%
1年    17.1%

※8月5日時点

全体を見て:バランスファンドが人気

北洋銀行では、バランスファンドの人気が高かった。ランキング3位の「財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)毎月分配型」は、不動産、債券、株式の3つの異なる資産に分散投資するバランスファンドである。原則として、組入比率は「不動産等25%、債券50%、株式25%」にする。そして、毎月、安定した収益分配を行うことを目指す。7月は+2.47%のプラスリターンだった。8月以降も安定的な収益が期待できるファンドとして、北洋銀行のランキング上位に入るかどうかに注目だ。

■財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)毎月分配型
基準価額 3,489円
信託報酬 1.045%(年率・税込)
純資産残高 3,031.14億

<騰落率>
1カ月 2.47%
3カ月 3.20%
6カ月 0.73%
1年   -2.83%

※7月末時点

ここに注目:「ウォルター・スコット優良成長企業ファンド(資産成長型)」が2位にランクイン

「ウォルター・スコット優良成長企業ファンド(資産成長型)」が2位にランクインしている。同ファンドは、日本を含む世界の株式の中から持続的な成長力を有すると判断される企業の株式に投資するアクティブファンドである。運用にあたっては、ウォルター・スコット・アンド・パートナーズ・リミテッドの助言を受ける。ウォルター・スコット社は1983年にスコットランドのエジンバラにて創業。徹底したリサーチによって、世界の優良企業に投資を行っている。同ファンドの7月末時点における組入上位銘柄は、以下の通り。

1.ノボ・ノルディスク(デンマーク) 3.6%
2.アンフェノール(アメリカ) 3.3%
3.マイクロソフト(アメリカ) 3.1%
4.アリマンタシォン・クシュタール(カナダ) 2.9%
5.オートマチック・データ・プロセシング(アメリカ) 2.9%

7月は5.4%のプラスリターンとなった。8月も同ファンドが北洋銀行のランキング上位に入るかどうかに注目している。

■ウォルター・スコット優良成長企業ファンド(資産成長型) 
基準価額 11,179円
信託報酬 1.727%(年率・税込)
純資産残高 20億円

<騰落率>
1カ月 5.4%
3カ月 2.0%
6カ月 6.1%
1年    4.5%

※7月末時点