2022年7月、七十七銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「日経225ノーロードオープン」の概要

七十七銀行の7月ランキング1位は、「日経225ノーロードオープン」だった。同ファンドは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。7月の日経平均株価は上昇した。6月は20日に25,520.23円まで急落したが、その後は上昇しに転じ、7月後半には28,000円近辺まで上昇したのだ。ただ、日経平均株価に連動するインデックスファンドは、株価が上昇する局面で売りが増える傾向にある。7月は「日経225ノーロードオープン」から約200億円の資金が流出した。これは、国内公募追加型株式投資信託(ETF除く)の中で最大である。七十七銀行ではランキング1位になったが、全体では売りが優勢になったのだ。8月に入っても国内の株式市場は堅調な展開が続き、日経平均株価は29,000円台を回復する水準まで上昇している。同ファンドからの資金流出が、8月も続いているかどうかに注目している。

■日経225ノーロードオープン 
基準価額 19,998円
信託報酬 0.55%(年率・税込)
純資産残高 2,194.76億円

<騰落率> 
1カ月 5.26%
3カ月 3.62%
6カ月 3.78%
1年    3.03%

※7月末時点

全体を見て:「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」シリーズが人気

七十七銀行では、「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」シリーズが人気だった。同シリーズは、マイクロソフトやアマゾン・ドット・コムといった米国の成長株に投資するアクティブファンドである。ランキング4位の「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」は、国内公募追加型株式投資信託(ETF除く)の中で最大の純資産残高を誇る。5、6月は基準価額の下落により分配金が0円だったものの、7月の分配金は100円と3カ月ぶりに分配金が支払われた。2022年になり米国成長株は下落が続いていたが、同ファンドの7月の騰落率は+7.4%と高いリターンになっている。8月以降も米国株式市場の堅調な展開が続くかどうかに注目だ。

■アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型
基準価額 10,943円
信託報酬 1.727%(年率・税込)
純資産残高 1兆8,672億円

<騰落率>
1カ月 7.4%
3カ月 4.7%
6カ月 4.1%
1年    2.1%

※7月末時点

ここに注目:「トヨタ自動車/トヨタグループ株式ファンド」が5位にランクイン

「トヨタ自動車/トヨタグループ株式ファンド」が5位にランクインしている。同ファンドは、トヨタ自動車およびそのグループ会社の株式に投資するアクティブファンドで、7月末時点における組入上位銘柄は、以下の通り。

1.トヨタ自動車 50.6%
2.デンソー 18.4%
3.豊田自動織機 8.5%
4.SUBARU 5.8%
5.豊田通商 5.2%

7月の日経平均株価は5.3%上昇したが、同ファンドの基準価額は変わらずだった。8月に入っても国内の株式市場は堅調で、日経平均株価は29,000円を突破する水準まで上昇している。ただ、トヨタ自動車の上値は重い展開が続いている。長引く世界的な半導体不足や新型コロナウイルスの感染拡大によって部品供給が遅れているからだ。しばらく自動車販売は厳しい状況が続きそうだが、8月も同ファンドが七十七銀行のランキング上位に入るかどうかに注目している。

■トヨタ自動車/トヨタグループ株式ファンド
基準価額 28,352円
信託報酬 0.759%(年率・税込)
純資産残高 1,180.17億円

<騰落率>
1カ月  0.0%
3カ月 -3.1%
6カ月 -6.3%
1年     1.4%

※7月末時点