DCガバナンスの視点から受託者責任を果たす目的で、投資信託のモニタリングや入れ替えを検討・実施する企業も少しずつ増えています。第2回最新DC投信マーケット解説は、三菱アセットブレインズの長島寛氏に解説していただきます。DCの投資信託のモニタリングにお役立てください。

※この記事は、2022年8月25日(木)に実施したWEBセミナー「 最新DC 投信マーケット解説 2022年8月号」を記事化したものです。

——早速今月のDCマーケット状況について伺いたいと思います。まずはアセットクラスごとのパフォーマンスをお聞かせください。

まず、図1のグラフをご覧ください。こちらは過去2年間のファンド分類別の累積パフォーマンスを示したものです。外国債券、エマージング債券、国内債券で横ばいとなるなど債券資産を中心に軟調な推移となりました。その一方、株式・REIT資産などは良好なパフォーマンスとなりました。ただし、株式・REIT資産は2022年に入って以降、金利上昇の影響を受け値動きの荒い展開が続いています。

図1 分類別累積パフォーマンス  

※ 公社債投信等を除くDCファンド(専用・共用)について月間収益率をカテゴリー別に単純平均し、 24ヵ月前を100として指数化したもの。 出所:三菱アセット・ブレインズ

次に分類別の月間パフォーマンスランキング(図2)を確認します。ここでは当月7月のパフォーマンスに注目しましょう。2022年7月にパフォーマンスが良かったのは、外国REITと外国株式のカテゴリーです。外国REITは+4.9%、外国株式は+4.2%上昇しました。この2つのカテゴリーは7月末に米国FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長が今後の利上げペースの鈍化に言及したことが好感され、パフォーマンスが大幅に上昇しました。前月6月は外国REITが-3.1%、外国株式が-2.6%と下落していたのと比べると当月は大きく反発した格好です。ここ数ヵ月は米欧の金融政策の方向性に左右される形で、株式市場等が乱高下する展開が続いています。また、当月は国内株式も+3.8%と反発しました。参議院選を無難に通過したことや円安の進行に加え、米国株式市場の反発を受け国内株式も同様に持ち直しの動きをみせました。

図2 分類別パフォーマンス  

※ 公社債投信等を除くDCファンド(専用・共用)について各期間別の収益率をカテゴリー別に単純平均し作成したランキング表。 出所:三菱アセット・ブレインズ

一方、当月最もパフォーマンスが悪かったカテゴリーはエマージング株式でした。中国株の下落が影響しました。中国本土で新型コロナウイルス感染が再拡大し、行動制限の実施による景気減速への警戒感から下落しました。

——今月のDCファンドの状況について教えてください。
ここではDCファンドの資金流出入動向について確認します。まずは図3左のグラフをご確認ください。当月の資金流出入額は約520億円の流入超となりました。前月の1,560億円から約1,040億円減少しました。資金流入額は、多い順に、複合資産型(245億円)、外国株式型(160億円)、外国債券型(60億円)となりました。当月も前月に引き続き資金が流出したアセットクラスはありませんでした。

次に図3右側のグラフをご覧ください。直近6ヵ月の資金流出入額の累積は、外国株式型が1,760億円、複合資産型が1,640億円と人気を二分しています。市場の傾向として、若年層の加入者が外国株式型で運用する一方、シニア層の加入者は複合資産型で運用する傾向があるようです。一般的に若年層のリスク許容度は高い傾向にありますから外国株式で運用する人が多いですが、シニア層のリスク許容度は一般的に低い傾向にあり、相対的にリスクが分散された複合資産型ファンドで運用する人が多くなっているものと思われます。

図3 ファンド分類別 月間流出入額推移(DC専用ファンド) 

※ 公社債投信等を除くDC専用ファンド  出所:三菱アセット・ブレインズ

そのほかのアセットクラスでは、外国株式型、複合資産型から大きく離れる形ではありますが、国内株式型に約400億円の資金が流入しています。国内株式型は根強い人気のあるアセットクラスですが、他方で市場環境に合わせてパッシブファンドなどを機動的に売買する加入者もいるようです。直近6ヵ月の国内株式市場は比較的軟調に推移しましたから、押し目買いの動きが強まり資金が流入したとも考えられます。

では、続きまして、個別ファンドではどのようなファンドに資金が流入しているのか確認しましょう。今回は外国株式型と国内株式型の2つのアセットクラスについて見てみます。まず、外国株式型の月間資金流入額上位15ファンドについて確認します。ランキング表のとおり、上位15本のうち13本までがMSCIコクサイなどの世界株価指数に連動するパッシブファンド、インデックスファンドとなりました(図4)。世界の株式市場に投資をするという商品性の分かり易さと運用中に手数料として差し引かれる運用管理費用の安さから人気が集まっているものと思われます。

図4 2022年7月 外国株式型(DC専用ファンド)  

※ 公社債投信等を除くDC専用ファンド  出所:三菱アセット・ブレインズ

一方、国内株式型の月間資金流入額上位15ファンドでは、アクティブファンドが1位と2位にランクインするなど、外国株式型とは対照的なランキングとなりました(図)。ここでは1位の「フィデリティ・アクティブ・グロース・ファンド(確定拠出年金向け)」と2位の「ひふみ年金」について説明します。

図5 2022年7月 国内株式型(DC専用ファンド)  

※ 公社債投信等を除くDC専用ファンド  出所:三菱アセット・ブレインズ

「フィデリティ・アクティブ・グロース・ファンド(確定拠出年金向け)」は、名前の通り、グローススタイルに特化したアクティブファンドです。日本最大規模の純資産残高を有する「フィデリティ・日本成長株・ファンド」と同一のマザーファンドに投資します。運用は豊富な経験を有するアナリスト等の徹底したボトムアップリサーチによって行われます。

「ひふみ年金」はレオスキャピタルワークス社が運用する、ひふみ投信、ひふみプラスと同一のマザーファンドに投資するDC向け投信です。ひふみシリーズは長期に亘って良好な運用実績を収めてきたことから、市場の注目度が高い商品です。また、最近では国内株式だけでなくアメリカなどの外国株式にも投資している点が特徴として挙げられます。

——直近DC向けにどのような商品が設定されたか教えていただけますか?
7月は新規設定されたファンドはありませんでした。DC市場のみならず公募投資信託市場全体に言えることですが、新規設定ファンドの本数は近年減少しています。市場全体が低調と言うマイナス面がクローズアップされがちですが、新規設定ファンドの減少は長期の運用実績を有する信頼性の高いファンドが支持されているということの裏返しかもしれませんね。

以上、パフォーマンス動向、資金流出入動向、新規設定ファンド動向をお話しさせていただきました。