<前回まで>
投信業界のキーパーソンにロングインタビューする投信人物伝。世界の富裕層の資産を守り続けてきたプライベートバンクの日本法人「ピクテ・ジャパン」の代表取締役社長である萩野琢英氏に、これまでのキャリアを振り返って頂きました。萩野氏は海外での経験を積むため国際部の配属を目指して大手の山一證券に入社します。赴任先のロンドンでは、日本株を熟知しアナリスト経験のある萩野氏に関心を寄せる英国人投資家との人脈を広げ、彼らから様々な投資手法を学ぶことになります。一方で、世界を席巻する日本株の勢いは東西冷戦の終焉とともにバブルは崩壊。さらにニューヨークへの転勤とともに、不振に陥った山一證券の経営破綻の足音が近づいてくるのです……。

ロンドン時代、ゴルフで広められた貴重な投資家人脈

ロンドン時代、英国の投資家と親しく交流させてもらうなかで、どういう企業に投資するのが面白いのか、マーケットを見る時にはどういう観点が必要なのかなど、その後の私の仕事につながる、さまざまなことを教わりました。

日本から来た何の面識もない若者に、そこまで英国の投資家が親切にしてくれたのはなぜなのか。ひとつは前回も触れましたが、私が日本株の情報を持っていて、企業分析ができたことです。

萩野社長はロンドン赴任時代、英国人投資家の人脈を広げ、投資に関するさまざまな知見を深めた

そしてもうひとつ、英国の投資家と親しくさせてもらえた理由がありました。それはゴルフです。学生時代、ゴルフ部に所属していたくらいのゴルフ好きで、これが英語の出来ない私でも、英国の投資家と親しく付き合うことができた、恐らくは一番の要因だと思います。投資会社の運用責任者などもゴルフ好きが多く、全英オープンの開催地で知られている名門コース、ミュアフィールドの会員もいたので、毎週末ゴルフに興じていました。

金曜日、スコットランドのお客さまの会社に行き、受付に自分のゴルフバックを置かせてもらって仕事をし、夕方5時に一段落したら、顧客と一緒にコースに行くのです。夏だと夜の10時くらいまで日が沈まないため、夕方5時からでも十分、18ホールを回ることができます。

しかもプレーフィーが安くて、エジンバラにあるコースで1ラウンド10ポンドですから、当時の日本円で計算しても1600円くらいでした。かの有名なセントアンドリュースのオールドコースでも50ポンドだったので、当時は8000円程度で回れたのです。ちなみに今はいくらかというと、セントアンドリュースで270ポンドです。ゴルフ好きにとって、当時のイギリスは天国のような環境だったのです。

NY赴任中に、勤めていた山一證券が自主廃業

そうこうしているうちに、今度はニューヨークへの転勤を命じられました。そして、赴任してヘッジファンドの運用を任されていた時、勤務先である山一證券が自主廃業したのです。1997年11月24日のことでした。

実は、それ以前からうすうすですが、「もうこの会社はもたないかもしれない」という予感がありました。ニューヨークは妻と一緒に赴任していたのですが、自主廃業をする半年くらい前から、「そろそろ会社が危ないので、準備しておいてね」などと言っていました。

その頃、私は日本株のロング・ショートと呼ばれる投資戦略を用いたヘッジファンドを運用しながら米国の運用会社と株式の取引をしていましたが、山一證券と取引を禁止する会社がどんどん増えていきました。 トレードする証券会社が破綻すると、そこへの注文を出した金融機関にも悪影響が及ぶため、山一證券との取引にしり込みするようになったのです。 また同時に会社自身の資金繰りが大変になっていたのでしょう。私のヘッジファンド運用のポジション自身も減らされていきました。

そして、最後の2週間くらいは顧客との取引も運用ポジションもほとんどなくなり、会社に行っても何もすることがない、という状態にまでなりました。さらに、旅行会社が山一證券向けに発行していたチケット類も、発行してくれなくなりました。こうしてどの会社も、山一證券に対していっさい売掛を持たなくなっていったのです。

1997年11月24日、日本時間の午前4時、100年の歴史を持つ山一證券が自主廃業の道を選びました。ニューヨーク時間だと、11月23日の午後3時です。私のデスクに置かれていたQUICK端末に、「山一證券、自主廃業」というフラッシュが流れたのです。

早速、それをプリントアウトして、ワールドトレードセンターの98階にあった社長室に持っていくと、すでにニューヨーク法人の社長以下、幹部が集まっていました。自主廃業という経営判断を下す直前、山一證券にとっては最後の資金調達先だった外資系銀行が手を引いたため、その対応策を練っているところでした。

NYで学んだ企業分析を徹底して投資するボトムアップ型のアプローチ

10年もの間、勤めていた会社が、こうして無くなってしまいました。当時はまだ30代の前半に差し掛かったくらいだったので、まだまだ働き続けなければなりません。幸いなことに、ロンドンやニューヨークで働いていた時の取引先である投資会社や、証券会社などから、「うちに来ないか」というオファーをたくさんいただきました。ただ、正直なところ自分としては、マーケットとは別の世界で働こうという気持ちになっていました。

理由は2つあります。

ひとつは、マーケットの世界で働き続けることに対して一抹の不安がありました。何しろニューヨークの金融市場は生き馬の目を抜くような競争社会で、いろいろな意味でマネーの論理がすべてに優先されるところがあります。このような世界で働き続けていたら、いつか人間として大事な何かを失うのではないか、という不安が何となくありました。

それともうひとつは、企業分析に対する興味が強まったことです。
ロンドンとニューヨークの2拠点で仕事をしてきましたが、実は両者の投資のアプローチは大きく異なるものでした。

ロンドンはグローバル投資が中心です。たとえば株式に投資する場合、世界中の企業に分散投資するわけですが、当時は国ごとに会計基準が違っていたため、海外の競合他社との比較が困難でした。そのため、企業のバランスシートなどを比較分析する前に、マクロ経済分析や地政学リスクなどを考慮して地域別、国別に資産配分を行う、トップダウン型のアプローチが主流でした。

これに対してニューヨークでは、当時は意外なことにグローバル投資はあまり行われておらず、専ら米国内の企業への投資が中心でした。ウォーレン・バフェット氏のように徹底して企業の中身を分析するボトムアップ型のアプローチです。

山一證券のニューヨーク時代、メリルリンチの資産運用部門にいたアナリストと親交を深めたのですが、彼の分析手法は決算短信と有価証券報告書を徹底的に読み、かつ工場や倉庫などを見学し、在庫などを把握して原価計算を行うという、ほとんど会計士のような方法で企業分析を行っていました。

そのようなアプローチがあることを知り、企業分析に興味を持つようになったのと同時に、メーカーの現場で実際にどのような原価計算が行われているのかを、自分の目で見てみたいという気持ちが強まりました。

山一證券破綻後、選んだ道は製薬会社

山一證券が破綻した後、私は金融業界に移籍することなく、当時の山之内製薬(現在のアステラス製薬)に入社しました。なぜ山之内製薬に入社したのかというと、これも山一證券時代のつながりによるものです。

当時の山之内製薬は、株価が非常に割安な状態に放置されていました。とはいえ、会社の中身は非常に良かったので、投資家向け広報(IR)を積極的に行えば、株価は上がると考えていました。

しかし、山一證券は主幹事証券会社ではなかったため、こちらから積極的に働きかけることができませんでした。なぜなら、当時は主幹事証券会社が、企業のIRを担当するという慣例があったからです。

とはいえ、山一證券の事業法人部としては、何とかして山之内製薬と関係性を構築したいという気持ちがあり、さまざまな働きかけをしました。その時、山之内製薬の財務責任者に米国にまで来てもらい、投資家の前でプレゼンテーションをしてもらうなどの接点づくりをした関係もあり、山一證券が潰れた時、唯一、金融機関以外の会社で私にお声がけ下さったのが、山之内製薬だったのです。

山之内製薬には2年間、お世話になりました。が、やはりマーケットが好きだったこともあり、再び金融の世界に戻ろうと考えるようになりました。その頃は会計士の資格を持っていて、かつマーケットでの経験があり、自分でファンドを組成して運用することもできたので、アナリストとしてではなく、プライベートバンクに入ろうと考えて、ピクテの門を叩いたのです。

取材・文/鈴木 雅光(金融ジャーナリスト)