2022年8月、みずほ銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「キャピタル世界株式ファンド」の概要

みずほ銀行の7月ランキング1位は、「キャピタル世界株式ファンド」だった。同ファンドは世界各国の株式に投資するアクティブファンドで、7月末時点における組入上位銘柄は、以下の通り。

1.テスラ (米国) 6.1%
2.マイクロソフト(米国) 4.2%
3.アルファベット(米国) 2.8%
4.台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング(台湾) 2.5%
5.ASMLホールディングス(オランダ) 1.9%

7月は3.7%のプラスリターンとなり、8月末の基準価額も20,786円と7月末の20,748円から上昇した。2022年の株式市場は冴えない展開が続いているものの、同ファンドの5年騰落率は82.0%、10年騰落率は297.7%となっている。短期的なリターンで一喜一憂するのではなく、長期での運用を心がけるようにしたい。

■キャピタル世界株式ファンド  
基準価額 20,748円
信託報酬 1.701%(年率・税込)
純資産残高 3,001.7億円

<騰落率>
1カ月  3.7%
3カ月  0.3%
6カ月  0.7%
1年    -1.7%

※7月末時点

全体を見て:外国株式型ファンドが人気

みずほ銀行では、8月も外国株式型ファンドの人気が高かった。ランキング2位の「グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)」は、世界の金融商品取引所に上場している銘柄の中から、個別企業の競争優位性、成長力の評価に基づき選定した質の高いと考えられる企業(ハイクオリティ成長企業)に投資するアクティブファンドである。2022年の成長株は売りが優勢になり、同ファンドの7月末時点における6カ月騰落率は-13.32%、1年騰落率は-25.02%と大きなマイナスとなっている。そして、みずほ銀行ではランキング上位に入っているものの、8月は同ファンドから26.05億円の資金が流出した。9月以降、同ファンドからの資金流出が止まるかどうかに注目だ。

■グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)
基準価額 22,798円
信託報酬 1.87%(年率・税込)
純資産残高 5,016.13億円

<騰落率>
1カ月   5.94%
3カ月  -0.81%
6カ月 -13.32%
1年    -25.02%

※7月末時点

ここに注目:「みずほ好配当日本株オープン」が10位にランクイン

「みずほ好配当日本株オープン」が10位にランクインしている。同ファンドは日本の株式の中で、予想配当利回りが市場平均を上回る銘柄を主な投資対象とするアクティブファンドで、7月末時点における組入上位銘柄は、以下の通り。

1.武田薬品工業 4.59%
2.キリンホールディングス 2.97%
3.東レ 2.46%
4.三井住友フィナンシャルグループ 5.36%
5.三菱UFJフィナンシャル・グループ 4.29%

同ファンドの予想配当利回りは3.45%で、インカムゲイン狙いのファンドとして魅力が高い。9月もみずほ銀行のランキング上位に入るかどうかに注目している。

■みずほ好配当日本株オープン
基準価額 10,369円
信託報酬 1.21%(年率・税込)
純資産残高 204.21億円

<騰落率>
1カ月  1.46%
3カ月  5.41%
6カ月  8.53%
1年    14.25%

※7月末時点