8月の資金流入額1位は「JPMグローバル高利回りCBファンド(為替ヘッジあり、限定追加型)2022-08」(655.77億円)

8月の資金流入額1位は、「JPMグローバル高利回りCBファンド(為替ヘッジあり、限定追加型)2022-08」だった。2022年8月に設定された新規ファンドで、主に岡三証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券で販売された。同ファンドは先進国のCB(転換社債)に投資し、安定的な収益の確保と信託財産の着実な成長を図ることを目的とする投資信託である。CBは一定の条件で株式に転換できる権利のついた社債。株式と債券の両方の性格を持っているので、下値が限定的で株価上昇局面で値上がりが期待できるという特徴がある。

■JPMグローバル高利回りCBファンド(為替ヘッジあり、限定追加型)2022-08 
基準価額 9,809円
信託報酬 0.968%(年率・税込)
純資産残高  645億6,000万円

※9月12日時点

8月の資金流出額1位は「イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略ファンド」(-148.37億円)

8月の資金流出額1位は、「イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略ファンド」だった。同ファンドは、世界の取引所に上場している株式から脱炭素化社会実現に向けた取り組みやイノベーションに貢献する企業、あるいはその恩恵を受けることが期待される企業の株式に投資するアクティブファンドである。7月は+9.0%と高いリターンになり、8月末の基準価額も12,554円と7月末の11,970円と比べて4.9%上昇した。9月に入っても上昇傾向は続き、基準価額は13,000円台を突破。基準価額の過去最高値を更新している。好調なパフォーマンスとなっているので、9月以降に資金流出が止まるかどうかに注目だ。

■イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略ファンド 
基準価額 12,554円
信託報酬 1.925%(年率・税込)
純資産残高 1,862.37億円

<騰落率>
1カ月  4.9%
3カ月  3.9%
6カ月 19.1%
1年    16.1%

※8月末時点

8月の純資産残高1位は「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」

8月の純資産残高1位は、「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」だった。同ファンドはマイクロソフトやアマゾン・ドット・コムなど米国の成長株に投資するアクティブファンドである。パフォーマンスの悪化から2022年は資金流入額が減少していたが、8月は248.14億円の資金流入があった。これは国内公募追加型株式投資信託(ETF除く)の中で4番目の大きさである。9月12日時点の同ファンドの純資産残高は1兆9,000億円を突破。今後、大台の2兆円を突破するかどうかに注目している。

■アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型
基準価額 10,529円
信託報酬 1.727%(年率・税込)
純資産残高  1兆8,203億円

<騰落率>
1カ月 -2.0%
3カ月  5.3%
6カ月  3.6%
1年    -2.6%

※8月末時点