8月の資金流入額1位は「キャピタル 日本株式ファンド」(31.73億円)

国内株式型ファンドの8月資金流入額1位は、「キャピタル 日本株式ファンド」だった。同ファンドは国内の株式市場に投資するアクティブファンドで、8月末時点における組入上位銘柄は、以下の通り。

1.第一三共 4.9%
2.日本電信電話 4.5%
3.塩野義製薬 3.3%
4.ソフトバンク 3.2%
5.信越化学工業 2.4%

7月は5.2%のプラスリターンとなり、8月末の基準価額も37,699円と7月末の36,973円に比べて1.9%の上昇となった。8月は31.73億円の資金流入となったが、好調なパフォーマンスなので、9月以降も資金流入額上位に入る可能性は高いだろう。

■キャピタル日本株式ファンド  
基準価額 37,669円
信託報酬 1.584%(年率・税込)
純資産残高 244.6億円

<騰落率>
1カ月 1.9%
3カ月 4.4%
6カ月 2.7%
1年   -4.8%

※8月末時点

8月のリターン1位は「りそな日本中小型株式ファンド」(9.81%)

国内株式型ファンドの8月リターン1位は、「りそな日本中小型株式ファンド」だった。同ファンドは国内の金融商品取引所に上場している中小型株へ投資を行うアクティブファンドである。7月は+7.2%、8月は+9.81%と高いリターンとなり、中小型株は戻り歩調にあるので、9月以降もリターンランキング上位に入るかどうかに注目している。

■りそな日本中小型株式ファンド
基準価額 12,229円
信託報酬 1.98%(年率・税込)
純資産残高 105.7億円

<騰落率>
1カ月  9.8%
3カ月 18.2%
6カ月 15.7%
1年     -1.4%

8月末時点

8月の純資産残高1位は「ひふみプラス」(4,678.12億円)

国内株式型ファンドの8月純資産残高1位は、「ひふみプラス」だった。同ファンドは「日本を根っこから元気にする」をコンセプトに、主に日本の成長企業に投資をするアクティブファンドで、8月末時点における組入上位銘柄は、以下の通り。

1.トヨタ自動車 2.69%
2.東京海上ホールディングス 2.15%
3.インターネットイニシアティブ 1.77%
4.オリエンタルランド 1.68%
5.味の素 1.67%

8月は19.76億円の資金流入があり、国内株式型ファンドで3番目の大きさだった。最近は日経平均株価を対象にしたインデックスファンドが人気だが、国内株式型ファンドの純資産残高1位をしばらくキープする可能性は高いだろう。

■ひふみプラス
基準価額 45,504円
信託報酬 1.0780%(年率・税込)
純資産残高 4678.12億円

<騰落率>
1カ月  1.97%
3カ月  1.00%
6カ月  1.80%
1年   -12.72%

※8月末時点