8月の資金流入額1位は「野村PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコース(為替ヘッジあり 年2回決算型)」(49.34億円)

外国債券型の8月資金流入額1位は、「野村PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコース(為替ヘッジあり 年2回決算型)」だった。同ファンドは新興国を含む世界各国の債券(国債、社債、モーゲージ証券、ハイ・イールド債券、バンクローン等)および派生商品等を主要投資対象とする。分配頻度と為替ヘッジの有無によってA〜Dの4つのコースがあり、A(為替ヘッジあり・年2回決算型)が資金流入額1位、Bコース(為替ヘッジなし 年2回決算型)が4位となった。ただ、以下のようにパフォーマンスはBコースの方が好調だ。

■野村PIMCO・世界インカム戦略ファンドBコース(為替ヘッジなし 年2回決算型)
<騰落率>
1カ月   2.9%
3カ月   7.8%
6カ月  12.5%
1年      14.6%

※8月末時点

8月はドル円が1ドル130円台後半まで進んだものの、円高リスクに備えてAコース(為替ヘッジあり 年2回決算型)を購入した投資家が多かったと考えられる。

■野村PIMCO・世界インカム戦略ファンドAコース(為替ヘッジあり 年2回決算型) 
基準価額 10,135円
信託報酬 1.848%(年率・税込)
純資産残高 2,116.5億円

<騰落率>
1カ月   -0.7%
3カ月   -2.0%
6カ月   -7.4%
1年     -10.3%

※8月末時点

8月のリターン1位は「三菱UFJ米国バンクローンファンド<ブラジルレアルコース>(毎月分配型)」(8.68%)

外国債券型の8月リターン1位は、「三菱UFJ米国バンクローンファンド<ブラジルレアルコース>(毎月分配型)」だった。同ファンドは米ドル建てのバンクローン(貸付債権)、公社債等を主要投資対象とし、利子収益の確保と値上がり益の獲得を目指す。「円コース」「米ドルコース」「ブラジルレアルコース」など7つのコースがあり、「ブラジルレアルコース」のリターンが1番高かった。9月に入っても基準価額は上昇しており、引き続きランキング上位に入るかどうかに注目している。

■三菱UFJ米国バンクローンファンドファンド<ブラジルレアルコース>(毎月分配型) 
基準価額 3,705円
信託報酬 1.815%(年率・税込)
純資産残高 26.24億円

<騰落率>
1カ月  0.6%
3カ月  1.0%
6カ月 22.4%
1年    25.3%

※7月末時点

8月の純資産残高1位は「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)」(3,082.32億円)

外国債券型の8月純資産残高1位は、「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)だった。同ファンドは、A格以上の先進主要国のソブリン債(国債や政府機関債)に投資する債券ファンドである。1997年12月に設定され、毎月分配型ファンドとして20年以上の実績がある。安定的な分配金が期待できるファンドとして、今後も外国債券型ファンドの純資産残高1位をキープする可能性は高いだろう。

■グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)  
基準価額 5,005円
信託報酬 1.375%(年率・税込)
純資産残高 3,082.32億円

<騰落率>
1カ月 -1.0%
3カ月  1.6%
6カ月  4.3%
1年     1.0%

※8月末時点