勝ち抜きお笑い番組『爆笑オンエアバトル』(NHK)で頭角を表わし、2005年・2015年にM−1グランプリ決勝進出、2016年にはキングオブコント決勝進出と、着実にキャリアを重ねてきたお笑いコンビ・タイムマシーン3号。最近は『有吉の壁』(日本テレビ)などで活躍中です。コンビの1人、山本浩司さんは一年半ほど前からiDeCoを始めたそうです。資産運用のきっかけや、仕事観にも通じる投資への思いについてお聞きしました。

10年越しにM−1で認められ、ようやく安定した人気に

——タイムマシーン3号さんは若い時からテレビ出演などもされています。山本さんもお金に困ったことはあまりなかったのでしょうか?
山本 いえ、そんなことはないですよ。20代の前半は芸人同士で一緒に暮らして、家賃を折半したりしていました。ただ、テレビに出たのが1〜2年目だったので、芸人にしては珍しくバイト生活は1年くらいで済みました。
——キャリアとしても、とんとん拍子にいかれたようなイメージです。
山本 序盤はそうでしたね。あれよ、あれよといううちに、M−1の決勝にも出て。でも、そのあとつまずいた時代がありました。僕らは劇場とかではお客さんにウケるんですが、いわゆる芸人ウケする芸ではなかったんです。2005年のM−1の時にはお笑い界の流れがソリッドな方に行っていて、ポップなお笑いが受けなかった。その後は悩みました。10年くらい悩み続けていろいろなことを試したんですが、結局わかりやすく今までやってきたようなことを突き詰めていったら、2015年に10年越しにM−1の決勝に行けて、ようやく認められた感じです。ふたを開けてみれば、最初からやっていることは変わっていないんですよ。ようやく時代が合ってきたのかなと思います。
——安定した実力もある芸人さんなので、老後のための投資に興味を持ったというのが意外でした。
山本 そうですか? でも、そういう人のほうが投資をやったほうがいいですよね。投資ってお客さんウケみたいなもので、コツコツやっていると恩恵を受けるわけで、メリットの方がはっきりとしています。税金の対策や、リスクヘッジということを考えると、こういう芸風の人間の方が向いているのかなと思っています。

iDeCoは節税効果に惹かれてスタート 低リスク商品に満額拠出

——少し前からiDeCoを始められたということですが、きっかけはあったのでしょうか?
山本 流れ星☆のたきうえ(瀧上伸一郎)とよく楽屋が一緒になるのですが、彼が投資に興味があって、仮想通貨とか、太陽光パネルとか、マンション投資とかの話をしてくるんです。その中の1つにiDeCoがあって、税金の対策にもなると。調べてみたら、分散投資というものをやったほうがいいと。あとは国が推奨しているのなら、なおさらやったほうがいいんじゃないかと思って始めたんです。
——金融機関はどうやって決めたんですか?
山本 何かあったら聞けると思って、たきうえと同じネット証券にしました。でも、やっぱり本当に無知な人間からすると、金融機関のサイトは横文字が多いし、文字情報だけでは手続きが難しくて、心折れそうに(笑)。それで、最終的にはYoutubeの「iDeCo始めてみました」みたいな一般の方の動画を見て、乗り越えました。最初なので、商品もリスクの少ないものを20%、20%、20%と購入しています。その中にバランスファンドも入れていますね。その時は海外への投資は少し怖かったので、全部国内資産で、満額拠出をしています。税金の控除は大きいですよね。

40代の芸人の楽屋ではローン、保険、NISAの話題が飛び交う

——ほかに興味のある投資はありますか?
山本 実は一か月前から、つみたてNISAも始めました。年間40万円までは非課税になるという話が楽屋で出て、やったほうがいいかなと。
——芸人さんの楽屋でNISAの話が出るんですか?
山本 40代くらいの芸人は、めちゃくちゃ話してますよ! みんな家庭を持ち始めて、車や家のローン、保険が話題です。その中でNISAの話もしています。iDeCoを始めてから1年半くらい経つんですが、日本が大変そうだなと思って、外国に目を向けるようになりました。それで、eMAXISシリーズの外国株の商品を選んでいます。なんとなく、日本円を減らしていきたいなと。でも、面白いですよね。投資を始めてから、ニュースを見るようになりました。コロナなのに株価上がるってどういうことなんだろう、じゃあ、経済は死んでいるわけじゃないんだな、とか勉強になりますね。
——資産運用を始める前はニュースには興味はなかったんでしょうか。
山本 全然なかったです。1ドルいくらだとか全く興味なかったです。今は外国株を買う時にたまに為替を見たりすると、100円台だったのに130円になってる? じゃあこれがもっと下がったらどうなるんだろうとか、そういうのは考えるようになりました。ただ、値動きを見て売買まではしないですね。どうしても「ああしときゃよかったな」と思ってしまうじゃないですか? あまり感情を動かされたくないので、ただただ積み立てています。もともと税金対策なので、「20年前の自分、ありがとう」くらいの気持ちにしておきたいんです。「上がっている」なんていうのは、どの目線を持って上がっていると判断するかも難しいものですよね。

『有吉の壁』はインド株!? 厳しいけれどリターンが大きい

——今、お話をお聞きしていて、タイムマシーン3号さんの淡々とした芸風と山本さんの投資スタイルは似ているのかもしれないと思いました。
山本 ハイリスクハイリターンなことはあまりしていないという点で比例しているかもしれません。ただ、今はお笑いに関しては、もがき苦しんでいる姿を楽しんでもらえるのだったら、それもいいかなと思っています。
——『有吉の壁』でも身体を張っていらっしゃいますね。
山本 『有吉の壁』は厳しい面もあるんですが、リターンがすごく大きいんです。インド株みたいなものですよ!「よくわからないけれど、いま伸びているぞ、人口もすごく多いし、がんばれば儲けがあるぞ」みたいな雰囲気です。みんな手を変え品を変え、粘ってやっています。自分も歳をとって、身体を張る笑いがシンプルに面白いなと思い始めました。人がコケたり、鼻水を出したり、そういう人間としての弱さに愛おしさを感じていますね。
——芸風でも新しい局面を切り開いているのですね。最後に、資産形成に踏み出した山本さんから、これから投資を始める方に励ましのひとことをお願い致します。
山本 僕なんか高校も普通科ですし、いたって普通の人間で、芸人なんか始めるようないい加減なヤツですが、こうやってなんとか投資に出会えることができました。人生が豊かになるというか、幅が広がりました。投資をしていると、いつか日経平均3万、4万になってほしい、日本がよくなってほしいという気持ちをもてますよね。未来への希望が出てきますし、投資をしている1人として、日本に期待しています!

 

プロフィール
山本浩司(タイムマシーン3号)
2000 年に関太とコンビ結成。「M-1 グランプリ」「キングオブコント」ファイナリスト経験者。「爆笑オンエアバトル」では番組史上2組目の満点を獲得。漫才、コント、MC などをオールラウンドにこなし、テレビやラジオに複数のレギュラー番組を持つ。現在、『有吉の壁』(日本テレビ・水曜19:00〜)出演を始め、多方面で活躍中。