2008年9月15日、100年に1度ともいわれる金融危機「リーマンショック」が起こります。全く投資をしない人でも耳にするほど有名ですが、事件から14年たつこともあり、何が起こったのか知らないという人も増えてきているでしょう。

今日は未曽有の金融危機、リーマンショックについて解説します。

負債66兆円という桁違いの破綻

リーマンショックは、アメリカの金融大手「リーマン・ブラザーズ」の破綻に伴い、世界的な金融不安が起こった事件です。

当時のアメリカではサブプライムローン(信用力が低い相手へのローン)の証券化商品が多く販売されていました。しかし地価の下落やローンの返済率悪化などが起こり、サブプライムローン関連商品は価格が大きく下落します。リーマン・ブラザーズはサブプライムローン関連商品を多く抱えていたため、損失に耐えられなくなり、ついに破綻します。

リーマン・ブラザーズが破綻したときの負債は約6300億ドル、当時のレート(およそ1ドル=105円)で換算すると約66兆1500億円にもなりました。これは日本の戦後最大の破綻企業「協栄生命保険」(破綻時の負債額:4兆5296億円)の約14.6倍です。

アメリカを震源地とするショックは世界に波及し、日本の景気も冷え込みました。名目GDP成長率は2008年度に−4.1%、翌年度も−3.6%と大幅な下落を記録します。

【日本の名目GDP成長率】
・2007年度:+0.2%
・2008年度:−4.1%(リーマンショック)
・2009年度:−3.6%

出所:内閣府 経済社会総合研究所 国民経済計算(GDP統計)

大手金融機関の破綻に対し、株式市場は急落しました。日経平均株価は2008年9月に1万2000円を割り込み、翌月も続落し一時7000円台まで下落します。株式の急落は世界的に発生し、2008年のリターンは多くの地域でマイナスになりました。

【2008年の日経平均株価(月足)】

日経平均プロフィルより著者作成

【2008年のリターン】

出所:MSCI Equity fact sheet search

ITバブル崩壊やVIXショック…過去の急落相場をおさらい

株式市場を急落させたのはリーマンショックだけではありません。過去を振り返ると、実に多くのショックが起きたことが分かります。

参考に、1990年以降の急落相場を振り返ってみましょう。

 

リーマンショックも乗り越えた積み立て投資の魅力

最近、「つみたてNISA」を始める人が多いようです。2022年3月末の口座数は586万9555口座となり、前年末(同518万3105口座)からわずか3カ月で68万口座以上も増加しました。

ただしつみたてNISAでは、少なからず株式に投資することになるため注意が必要です。つみたてNISAでは金融庁が認めた一定の投資信託に投資しますが、その中に株式に投資しないものはありません(2022年8月18日時点)。つまり、つみたてNISAは間接的に必ず株式に投資することになります。

これまで多くの暴落を経験してきた株式への投資に対し、不安になっている人も多いのではないでしょうか。しかし、つみたてNISAでは資金を一度に投じる「一括投資」は原則できず、少しずつ資金を投じる「積み立て投資」に限定されています。この点を踏まえると、つみたてNISAは暴落時の損失を抑える効果が期待できます。

例えばアメリカの株式指数「S&P500」を例に、一括投資と積み立て投資でリーマンショック時の損益率を見てみましょう。一括投資はリーマンショック直前の2008年8月末に、積み立て投資は2008年8月から毎月末に投資する前提で試算します。

この条件で比較した場合、一括投資は最大42.7%の損失が発生しますが、積み立て投資の損失は最大でも21.63%にとどまります。さらに積み立て投資は1年にも満たない期間でプラスに転じ、一括投資がやっとプラスに転じる2011年1月においては25%以上の利益を得られました。

【リーマンショックにおける「一括投資」と「積み立て投資」の損益率(S&P500)】

Investing.comより著者作成

このように、積み立て投資は暴落時の損失額を小さくする効果が期待でき、積み立て投資に限定されるつみたてNISAにおいても同様です。ただし、値動きによっては積み立て投資の方が大きな損失となる可能性もあるため注意してください。

執筆/若山卓也(わかやまFPサービス)

証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業(IFA)および保険募集人に登録し、金融商品の販売も行う。2017年から金融系ライターとして活動。AFP、証券外務員一種、プライベートバンキング・コーディネーター。