今注目の書籍の一部を公開して読みどころを紹介するシリーズ。今回は、子どもにも家計にも最善な教育費の「かけ方」「貯め方」がわかる前田菜緒氏の『書けばわかる!わが家の家計にピッタリな子育て&教育費のかけ方』の第4章を特別に公開します(全4回/本記事は第3回)。

※本記事は前田菜緒著『書けばわかる!わが家の家計にピッタリな子育て&教育費のかけ方』(翔泳社)から一部を抜粋・再編集したものです。

私立中学校のメリット

中学受験には、多額の塾代が必要です。今までのような貯蓄は厳しくなり、生活レベルを下げる必要があるかもしれません。それでも、中学受験を選択するのは、それ以上にメリットが大きいと考えるからでしょう。学歴がすべてではありませんが、いい中学校・高校に行けば、いわゆる、いい大学に入れ、いい会社に入れ、高収入になる確率は上がるでしょう。例えば、なりたい職業として国家公務員を挙げることが適切かどうかはさておき、2021年の国家公務員試験合格者の出身大学は、1位東京大学、2位京都大学、3位早稲田大学、4位北海道大学、5位岡山大学と、名だたる大学名が並んでいます。

では、2021年の東京大学の合格者が多い高校はというと、1位開成高等学校(私立中高一貫男子校/146人)、2位灘高等学校(私立中高一貫男子校/97人)、3位筑波大学附属駒場高等学校(国立中高一貫男子校/89人)となります。

このほか、私立中学校には公立にはない特色があるのもメリットです。「内気な子でも、ノビノビ過ごせる学校がよい」といった子どもの性格に合う学校選びができ、6年間同じ友達と交友関係やクラブ活動を続けられます。

また、自身も私立中学に行った筆者のFP相談のお客様の多くは、良い経験をしたので自分の子どもも私立中学に行かせたいと言います。

とはいえ、文部科学省「令和3年度学校基本調査」によると、私立中学校の在学者は全国で約7.6%しかいません。一方、東京都の私立中学校の進学率は約19%です。

公立中学校への進学が当然な環境なら中学受験することすら思い浮かびませんが、周囲に中学受験する家庭が多ければ、受験が自然と選択肢になります。

中学受験は親も子どもも大きなライフイベントです。だからこそ、周囲に流されていないか受験の目的を確認し合い、親子で大きな壁を乗り切る覚悟が必要です。

中学受験対策の塾代

中学から私立に行くなら、小学5年生ぐらいから塾代が高額になり始めます。

塾の科目数や通う日数によって料金は異なりますが、例えば、東京都立川市にある日能研立川校は次の表のような料金です。大学受験対策の費用かと思うほど高額で気が遠くなりそうですが、年間の金額は、全講座を受講し、全テスト・模試を受けた場合の金額です。

 

ただし、必ずしも塾に通わないといけないわけではありません。通信講座という方法もあります。次の表は、進研ゼミ小学講座に中学受験対策講座を上乗せした料金です。塾に比べると、かなり料金が抑えられることがわかります。ただ、通信講座の場合は、中学受験の情報収集や、受験までのスケジューリングは、親がする必要がありますから、親の情報収集能力が必要になります。

 

中学受験をするかもしれないなら、これらの費用を考慮した上で早めに教育費を準備しないといけません。「小学何年生から対策をするのか?」塾、通信講座、そのほかにも考えがあれば「どのような受験勉強をさせるのか?」などを想像しながら、次の記入欄に中学受験対策用の塾代と受験料を記入してみましょう。

 

私立中学校の学校費用は、公立の約8倍です

中学生になると、男の子はもちろん、女の子も食べ盛りになり、子どもの成長と比例して食費も増えます。また、クラブ活動が活発になり、塾にも通い始め、小学生のころに比べると、家計の負担は大きくなります。それでも、公立中学校なら、学校にかかるお金はそれほど大きな金額ではありません。

次のページの表にある通り公立中学校の年間学校教育費は13万9,000円、それに給食費4万8,000円を足して、合計18万7,000円です。学校教育費の中には、教材費、修学旅行費、制服代、クラブ活動費、通学費などが含まれています。

一方、私立中学校にかかる学校教育費は、年間107万1,000円、公立中学校の実に約8倍の金額です。給食費は年間6万5,000円で、公立と大きく変わりませんが、給食制を取っている私立中学校は、ほんの一部で、ほとんどがお弁当持参です。この時点で、私立中学校を候補から外したくなりそうですが、購買や学食があるので、それらを利用すれば毎日のお弁当作りからは解放されます。

例えば、二松学舎大学附属柏中学校の学食では、そば・うどん240円、カレーライス270円、唐揚げ定食400円、日替わりランチ420円です。お手頃価格なので、大いに利用できそうですね。

さて、少し話がそれましたが、私立中学校の学校教育費のうち、大きな割合を占めるのが授業料です。年間で42万9,000万円、修学旅行は海外への語学研修がある学校もありますし、自宅から電車やバスで通学するなら、定期代もかかります。

 

上の表の「学校教育費一部内訳」は、公立・私立で特に差が大きい費用のみを取り上げていますが、クラブ活動費など教科外活動費については、金額差は大きくありません。この表は中学3年間の平均額ですが、学年による教科外活動費の推移には特徴があり、公立中学校は、1年生が一番多くかかり、2年生、3年生になるにつれて減っていきます。反対に私立の場合は、1〜3年生どの学年でも6〜7万円かかっています。これは、公立の場合は、高校受験で3年生の夏ごろにクラブ活動を引退します

が、私立の場合、中高一貫で高校受験がないので、学校にもよりますがクラブ活動の引退時期が公立より遅かったり、引退したとしても、その後、高校生のクラブ活動に参加したりと、比較的長期間クラブ活動に打ち込める環境があるためと思われます。

クラブ活動費と同じく、学校外活動費も公立と私立では大きな差がありません。公立・私立ともに塾に通う割合は高く、公立では69.3%が、私立では60.3%が塾費用を支出している調査結果になっています。

私立中学校なら、大学並みのお金がかかる

中学校でかかる学校教育費を見てきましたが、私立の場合は、年間約107万円ですから、大学並みのお金がかかることがわかります。しかも、中学受験対策として塾に行くなら、小学6年生の塾代で年間約100万円かかることもあるので、私立中学に行く場合、小学6年生〜大学4年生までの11年間、ずっと大学に通う程度のお金がかかることになります。

一般的には、教育資金として準備するのは、大学進学用のお金です。生まれてすぐに準備をするなら、準備期間は17年あります。しかし、私立中学に行くなら小学5年生までに、受験対策費用や私立中学以降の進学費用を準備しなければなりません。準備期間は11年しかありません。しかも、金額は小学6年生〜大学4年生までの11年分の費用です。全額を準備しないまでも、少なくとも、その半分のお金は準備が必要でしょう。

小学5年生までに準備ができなければ、私立中学校、高校に通わせながら、大学資金を準備することになりますが、どちらにしても、かなりキツイです。相当な覚悟が必要と心得ておきましょう。

公立中学校と私立中学校の比較まとめ

今までお伝えした内容も含め、公立中学校と私立中学校の違いをまとめました。

 

●高校受験でかかる費用はいくら? 

***
 

前田菜緒著『書けばわかる!わが家の家計にピッタリな子育て&教育費のかけ方』(翔泳社)