2022年9月、七十七銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「日経225ノーロードオープン」の概要

七十七銀行の9月ランキング1位は、「日経225ノーロードオープン」だった。同ファンドは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。9月の日経平均株価は下落した。米長期金利の上昇を嫌気してS&P500種株価指数など米国の主要株価指数が年初来安値をつける中、日経平均株価も売りが優勢になったからだ。ただ、日経平均株価に連動するインデックスファンドは、株価が下落する局面で買いが増える傾向にある。10月以降も日経平均が下落する場面では、同ファンドに買いを入れる顧客が多いだろう。

■日経225ノーロードオープン 
基準価額 18,795円
信託報酬 0.55%(年率・税込)
純資産残高 2,350.72億円

<騰落率>
1カ月   -6.98%
3カ月   -1.07%
6カ月   -6.06%
1年    -10.70%

※9月末時点

全体を見て:「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」シリーズが人気

七十七銀行の9月ランキング上位には、「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」シリーズが2つランクインしている。ランキング3位の「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」は、マイクロソフトやアマゾン・ドット・コムなど米国の成長株に投資するアクティブファンドである。毎月決算型ファンドであるが、予想分配金提示型なので、基準価額に応じて分配金が変わるという特徴がある。9月は基準価額が下落し、分配金も8月の200円から100円に減配された。このまま基準価額の下落が続くようだと、分配金が出なくなる恐れもあるので注意が必要だ。

■アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型
基準価額 10,005円
信託報酬 1.727%(年率・税込)
純資産残高 1兆7,530億円

<騰落率>
1カ月 -4.1%
3カ月  0.9%
6カ月 -8.3%
1年    -2.1%

※9月末時点

ここに注目:「トヨタ自動車/トヨタグループ株式ファンド」が6位にランクイン

「トヨタ自動車/トヨタグループ株式ファンド」が6位にランクインしている。同ファンドは、トヨタ自動車およびそのグループ会社の株式に投資するアクティブファンドで、9月末時点における組入上位銘柄は以下の通り。

1.トヨタ自動車 49.3%
2.デンソー 18.3%
3.豊田自動織機 7.9%
4.SUBARU 5.9%
5.豊田通商 5.6%

9月は国内の株式市場が急落したことで、トヨタ自動車やグループ企業の株式も大きく下落した。10月はやや持ち直しているものの、引き続き同ファンドが七十七銀行のランキング上位に入るかどうかに注目している。

■トヨタ自動車/トヨタグループ株式ファンド
基準価額 25,779円
信託報酬 0.759%(年率・税込)
純資産残高 1,138.39億円

<騰落率>
1カ月 -10.4%
3カ月  -9.1%
6カ月 -13.0%
1年     -8.4%

※9月末時点