2022年9月、広島銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「インデックスファンド225」の概要

広島銀行の9月ランキング1位は、「インデックスファンド225」だった。同ファンドは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。9月の日経平均株価は下落し、同ファンドの騰落率も-6.92%となった。米長期金利上昇から米国株が下落し、日本株の上値も重くなったからだ。ただ、日経平均株価に連動するインデックスファンドは、株価が下落する局面で買いが増える傾向にある。10月以降も日経平均株価が下落する場面では、同ファンドに買いが入る可能性は高いだろう。

■インデックスファンド225  
基準価額 7,193円
信託報酬 0.572%(年率・税込)
純資産残高 2,217.77億円

<騰落率>
1カ月  -6.92%
3カ月  -0.96%
6カ月  -6.00%
1年    -10.51%

※9月末時点

全体を見て:インカムゲイン狙いのファンドが人気

広島銀行では、インカムゲイン狙いのファンドの人気が高かった。ランキング8位の「ニッセイオーストラリア利回り資産ファンド(毎月決算型)は、豪ドル建ての多様な利回り資産(国債、州政府債、社債等)に投資し、配当収益の確保をめざす。9月は-4.9%のマイナスリターンとなったが、同ファンドの平均最終利回りは4.88%と高く、インカムゲイン狙いの投資対象として魅力が高い。10月以降も広島銀行のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■ニッセイオーストラリア利回り資産ファンド(毎月決算型)
基準価額 3,838円
信託報酬 1.716%(年率・税込)
純資産残高 90億円

<騰落率>
1カ月 -4.9%
3カ月 -1.8%
6カ月 -6.3%
1年     5.9%

※9月末時点

ここに注目:「世界経済インデックスファンド」が2位にランクイン

「世界経済インデックスファンド」が2位にランクインしている。同ファンドは、先進国と新興国の公社債および株式に分散投資することで、リスクの低減を図りながら投資信託財産の中長期的な成長を目指す。9月は-3.42%のマイナスリターンとなった。米国を中心に金利が上昇し、株式と債券の両方が売られたからだ。ただ、幅広い資産に分散投資しているので、リスクを抑えた運用が可能だ。10月以降も広島銀行のランキング上位に入るかどうかに注目している。

■世界経済インデックスファンド 
基準価額 28,069円
信託報酬 0.55%(年率・税込)
純資産残高 1,542.32億円

<騰落率>
1カ月 -3.42%
3カ月 -1.86%
6カ月 -3.63%
1年     0.59%

※9月末時点