2022年10月、みずほ証券で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「パインブリッジ・キャピタル証券ファンド(為替ヘッジなし)」の概要

みずほ証券の10月ランキング1位は、「パインブリッジ・キャピタル証券ファンド(為替ヘッジなし)」だった。同ファンドは、主に世界の金融機関が発行するキャピタル証券に投資するアクティブファンドである。キャピタル証券は劣後債や偶発転換社債(CoCo債)、優先証券などで、株式と債券の両方の性格を有する証券の総称で「ハイブリッド証券」とも呼ばれている。9月は-2.2%のマイナスリターンとなったものの、平均クーポンは6.6%ある。高い利回りが期待できるファンドとして、11月以降もみずほ証券のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■パインブリッジ・キャピタル証券ファンド(為替ヘッジなし)
基準価額 10,965円
信託報酬 1.463%(年率・税込)
純資産残高 350億円

<騰落率>
1カ月 -2.2%
3カ月  0.0%
6カ月  2.3%
1年     5.1%

※9月末時点

全体を見て:インカムゲイン狙いのファンドが人気

みずほ証券のランキング上位には、キャピタルゲイン(値上がり益)よりもインカムゲイン(分配金)重視のファンドが多い。ランキング3位の「新光US-REITオープン」は、米国のリート(不動産投資信託)に投資し、高い配当収益の確保と長期的な値上がり益の獲得を目指して運用を行うREIT型ファンドである。10月5日時点における1カ月騰落率は-6.2%となった。構成銘柄の配当利回りは3.48%あるものの、米10年債利回りが4%を超える中、投資妙味は薄れている。11月以降も同ファンドがみずほ証券のランキング上位に入るかどうかに注目だ。

■新光US-REITオープン
基準価額 2,100円
信託報酬 1.683%(年率・税込)
純資産残高 4,582.22億円

<騰落率>
1カ月 -6.2%
3カ月 -4.4%
6カ月 -7.6%
1年    10.2%

※10月5日時点

ここに注目:「世界高配当株セレクト(目標払出し型)(毎月決算・為替ヘッジなしコース)」が10位にランクイン

「世界高配当株セレクト(目標払出し型)(毎月決算・為替ヘッジなしコース)」が10位にランクインしている。同ファンドは日本を含む世界の高配当株に投資するアクティブファンドで、9月末時点における組入上位銘柄は、以下の通り。

1.BHPグループ(オーストラリア)
2.ウッドサイド・エナジーグループ(オーストラリア)
3.ライオンデルバセル・インダストリーズ(アメリカ)
4.リオ・ティント(イギリス)
5.パイオニア・ナチュラル・リソーシズ(アメリカ)

配当利回りが10%を超える銘柄もあり、インカムゲイン狙いの投資対象として魅力が高い。11月以降も、同ファンドがみずほ証券のランキング上位に入るかどうか注目だ。

■世界高配当株セレクト(目標払出し型)毎月決算・為替ヘッジなしコース
基準価額 5,753円
信託報酬 1.943%(年率・税込)
純資産残高 312.25億円

<騰落率>
1カ月  -5.8%
3カ月  -3.9%
6カ月  -3.5%
1年     15.5%

※9月末時点