金融庁の発表によると、「つみたてNISA」の口座数が638万5158口座と過去最高となり(2022年6月末時点)、若年層を中心に積立投資への関心が高まっている。この記事では、つみたてNISAの対象となる投資信託について、年初からの資金流入額とリターン(2022年9月末時点)をもとにランキングを集計した。資金流入額上位は先進国を対象とする海外株式型ファンドが占め、ネット証券を中心に人気を集めている低コストファンドが目立っている。

つみたてNISAの利用は40代以下で7割以上

つみたてNISAは、長期の積み立て投資を支援するための非課税制度だ。金融庁が定める基準を満たした投資信託や上場投資信託(ETF)に年間40万円まで積み立てることができ、購入した年から20年間は運用益(配当や売却益)に対する税金がかからない。

2022年10月末時点における対象ファンド本数は、以下の通り。

・インデックスファンド 185本
・アクティブファンド 24本
・ETF(上場投資信託)7本

口座数を年代別に見ると、2022年6月末時点で30代が183万9965口座と最も多く、ついで40代の158万4079口座となっている。そして、20代から40代が全体の73.2%を占めている。少額から始められる「つみたてNISA」は、現役世代にとって長期的な資産形成に活用しやすいからだ。

つみたてNISAの買付金額は6月末時点で2兆1055億781万円となっており、3月末から16.7%増加している。今後もつみたてNISAの利用が増えていく可能性は高いだろう。

また、価格変動の大きい海外株式型ファンドの人気が高いが、つみたてNISAを利用した積立投資では、価格が下がれば購入口数が多くなり、価格が上がれば購入口数が少なくなる「ドル・コスト平均法」によって、購入単価を平準化できる。価格変動が大きい海外株式型ファンドを積立投資していくことは、理にかなった投資手法といえるだろう。

つみたてNISA対象ファンドの年初来流入額ランキング(2022年9月末時点)

出所:三菱アセット・ブレインズの提供データを基に編集部作成

つみたてNISAの資金流入額上位(つみたてNISA経由以外も含む)は、すべて先進国を対象にした外国株式型ファンドで、とくに低コストのインデックスファンドが目立った。

米国の株式市場を中心に先進国の株式は下落しているが、積立投資で毎月継続して購入している投資家も多く、買いの勢いは衰えていない。今後も米国のS&P500種株価指数を中心としたインデックスファンドへの資金流入は継続する可能性が高いだろう。

ここでは、資金流入額トップ3のファンドについて解説する。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

米国を代表する株価指数であるS&P500種株価指数(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指すインデックスファンド。保有コストである信託報酬が0.0968%(年率・税込)と低く、長期保有に適している。9月末時点における純資産残高は約1兆4226億円と、国内公募追加型株式投資信託(ETF除く)の中で2番目の大きさとなっている。また、2022年のS&P500種株価指数は下落しているが、同ファンドの9月末時点における1年騰落率は+9.4%となっている。円換算ベースのS&P500種株価指数を対象にしているので、円安・ドル高がプラスリターンに寄与しているのだ。同ファンドには高水準の資金流入が続いており、今後も純資産残高を増やしていく可能性は高いだろう。

■eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
基準価額 1万8548円
信託報酬 0.0968%(年率・税込)
純資産残高  1兆4226億8000万円


1カ月 -4.5%
3カ月 1.3%
6カ月 -5.8%
1年 9.4%

(9月末時点)

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

資金流入額ランキング2位は、「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」だった。同ファンドは、「MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)」に連動する投資成果をめざすインデックスファンドで、全世界の株式に国際分散投資できる便利なファンドだ。

9月末時点における組入上位10カ国・地域は、以下の通り。

1.アメリカ 60.5%
2.日本 5.1%
3.イギリス 3.5%
4.カナダ 3.0%
5.フランス 2.5%

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2021」でも1位に選ばれており、個人投資家の人気は高い。今後も純資産残高を増やしていく可能性は高いだろう。

■eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
基準価額 1万6016円
信託報酬 0.1144%(年率・税込)
純資産残高 6474億円3000万円


1カ月 -5.3%
3カ月 -1.4%
6カ月 -7.3%
1年 3.0%

(9月末時点)

楽天・全米株式インデックス・ファンド

楽天・全米株式インデックス・ファンドは、「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」を主要対象とし、「CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)」に連動する投資成果を目指すインデックスファンド。米国株式市場の投資可能銘柄、約4000銘柄に幅広く分散投資できる。S&P500種株価指数は大型株が対象であるが、中小型株も網羅されているので、つみたてNISAで米国株投資を始めたい人におすすめの1本だ。

■楽天・全米株式インデックス・ファンド
基準価額 1万9109円
信託報酬  0.162%(年率・税込)
純資産残高 6553億5400万円


1カ月 -4.7%
3カ月 1.6%
6カ月 -6.4%
1年  5.9%

(9月末時点)

つみたてNISA対象ファンドの年初来リターンランキング(2022年9月末時点)

出所:三菱アセット・ブレインズの提供データを基に編集部作成

つみたてNISA対象ファンド(つみたてNISA経由以外も含む)のリターンランキング上位には、外国株式型ファンドだけでなく、複合資産(バランスファンド)も多くランクインしている。ただ、全体的にパフォーマンスは良くないので、今年はどの分類でも厳しい環境だったといえるだろう。それでは、リターンランキング上位のファンドを2本紹介する。

iFree NYダウ・インデックス

つみたてNISA対象ファンドの2022年リターンランキング1位は、「iFree NYダウ・インデックス」だった。同ファンドは米国を代表する株価指数である NYダウ(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。NYダウはアップルやマイクロソフト、マクドナルドなど米国を代表する銘柄で構成されている。2022年のNYダウは下落しているが、同ファンドは円ベースなので、プラスリターンを確保した。

■iFree NYダウ・インデックス
基準価額 2万4922円
信託報酬  0.2475%(年率・税込)
純資産残高 393億円


1カ月 -3.8%
3カ月 0.2%
6カ月 -1.0%
1年  11.6%

(9月末時点)

ハッピーエイジング30

「ハッピーエイジング」は国内株式、国内債券、外国株式、外国債券、エマージング株式に分散投資するバランスファンドである。投資目的や投資期間、リスク許容度に応じてリスク水準の異なる5種類のファンド(ハッピーエイジング20〜60)から選択できる。「ハッピーエイジング20」が最も積極的に運用を行うファンドで、「ハッピーエイジング60」が最も安定的な運用を行うファンドである。「ハッピーエイジング30」は国内外の株式の基準組入比率を70%とし、2番目にリスクを取るファンドだ。9月末時点における年初来リターンは+0.88%、1年騰落率は+1.42%となっている。そして、2012年9月からの設定来騰落率は+78.15%となっており、今後も安定的なリターンが期待できるファンドとして注目だ。

■ハッピーエイジング30
基準価額 1万7815円
信託報酬  1.485%(年率・税込)
純資産残高 172億1400万円


1カ月 -2.95%
3カ月  -0.75%
6カ月 -0.96%
1年 1.42%

(9月末時点)