佐々木洋二さん(仮名、52歳)は妻と大学生の娘、そして80代の父親と4人で暮らしていました。佐々木さんには3歳年下の妹がいますが、その妹が高校生の時に母親が亡くなり、あることをきっかけに兄妹関係はいびつになってしまいます。

長らくギクシャクしていた妹との関係は、お互いが結婚し子どもを持つようになってようやく好転。父親と同居している佐々木さんの実家に、年に数回は集まって家族同士交流していました。

しかし、2年前に父親が他界。すると遺産相続を巡って妹との関係に再び大きな亀裂が生じ、ついには絶縁状態になってしまいました。佐々木さんが「地獄のようだった」と振り返る相続争いの端緒は、父親の生命保険の受取人が妹に指定されていたことでした。そして、争いの裏で糸を引いていたのは妹の夫だったのです。

●母の死で妹が非行…突然の結婚宣言、その相手の正体とは 

「平等」に分け合う相続内容に妹も納得

父親が亡くなって葬式も一段落した頃、佐々木さんは遺産相続の話をするために妹を自宅に呼び寄せました。生前、父親は遺産のことで子ども同士がもめることのないよう、平等に財産を分け与えようと考えていたようです。相続の内容も同居している佐々木さんに伝えていました。

遺産は自宅3000万円(時価=相続税評価)、預金1000万円、生命保険1000万円。自宅については、佐々木さん家族がずっと住んでおり、今後も売却することなく生活を続けるため佐々木さんが相続します。そのため、実質的な「お金」である預金1000万円と生命保険1000万円を、佐々木さん(預金)と妹(生命保険)で分け合うという内容でした。

そのことを伝えると妹も納得し、何の問題もなく相続の話は終わるかに思えました。

ところが後日、一転して血相を変えた様子で妹が連絡してきたのです。相続内容に強硬に異を唱えたのは、妹の夫でした。

預金1000万円は当然もらう。さらに1000万円支払え

妹から相続内容を聞いた妹の夫は、すぐさま「それはおかしい」と反論したようです。そして、法的には自分たちが“生命保険1000万円に加え預金の1000万円も全額、さらにそれとは別に、佐々木さんから1000万円をもらう権利がある”と主張してきたのです。

驚いた佐々木さんはどういうことなのか説明を求めます。しかし、妹は「書面で回答する」と伝え、電話を切りました。何が何だかさっぱり分からない佐々木さんはひどく困惑してしまいました。

妹の夫は弁護士です。専門家が後ろにいる時点で、佐々木さんはこの後に起こることを覚悟していたといいます。佐々木さんは届いた書面を確認し、全身の血の気が引きました。内容は以下の通りでした。

・そもそも生命保険金1000万円は「受取人固有の財産」であるため、最初から妹のものであり、遺産分割の対象からは除外される。

・自宅も売却すればお金に変わる以上、当然に相続財産である。

・遺言書が残されていないため、法定相続分である2分の1ずつを兄妹で相続することになる。つまり、自宅3000万円+預金1000万円=4000万円の2分の1である2000万円を受け取らなければならない。

・兄(佐々木さん)が自宅を相続するなら、預金1000万円は妹が相続する。その上で、兄は別途1000万円を妹に渡す必要がある。

たしかに父親は遺言書を残していませんでした。しかし、生命保険金がそもそも受取人である妹の財産であることは、父親も佐々木さんも、そして妹さえも知らなかったのです。妹の夫により法的な根拠を示された佐々木さんは、それでも話し合いで何とか解決しようとしました。

自宅は現在生活している家であり、老後のことも考えると住み続けるほかに選択肢はないこと。当初は預金1000万円を佐々木さんが、生命保険1000万円を妹が受け取る話だったが、もちろん預金は放棄して妹に渡すので合計2000万円でどうか納得してもらいたいこと――。

佐々木さんは丁寧に、何度も頭を下げてお願いをしました。しかし、返ってくるのは「法律上の権利なので」というぶっきらぼうな返事のみ。取り付く島もなかったのです。

法律上の権利とはいえ、夫が弁護士でお金に困っているわけでもないのにと、佐々木さんは妹を心の底から憎みました。いや、妹というよりも、妹に入れ知恵して家族を崩壊へと追いやっている妹の夫に激しい憤りを感じました。

しかし一方で、佐々木さんはこんなふうにも思って自身に対して深く後悔しているのだといいます。

「あの時、30年前、母が亡くなってからもう少し妹に対して寛容に、自由にさせてあげていれば、こんなことにもならなかったような気がするんです。全てあの時に生じてしまった亀裂が尾を引いているんじゃないかって。何かの拍子に、簡単に崩れ落ちてしまうヒビが、妹との間にはあったんだろうなって……」

結局、佐々木さんは老後のためにコツコツ積み立てていた1000万円の預金を全て妹に渡したそうです。そして、二度と自分たち家族の前に姿を見せてくれるなと、今後は家族の縁を切ることも告げたといいます。

佐々木さん家族はどうすればよかったのか

父親もまさか自分の死後に家族がこんなことになろうとは、ゆめゆめ想像もしていなかったでしょう。今回のトラブルは、「生命保険金」の受取人の選択を誤ったために起こってしまいました。また、そもそも遺言書をきちんと残していれば、トラブルにならず父親の想定通りに遺産相続ができたでしょう。

生命保険の受取人は兄(佐々木さん)にすべきだった

法律上、生命保険金は受取人固有の財産であるため、相続の分割対象とはなりません。今回のケースでは遺産総額は4000万円(自宅3000万円+預金1000万円)で、法定相続分は兄(佐々木さん)と妹で2000万円ずつでした。

兄が父親の生命保険金1000万円を受け取っていれば、自宅(3000万円)を相続していても、妹に渡さなければならない1000万円に充てることができました。大切な老後資金を失うことなく相続することができたのです。

父親は遺言を書いておけばよかった

父親が生前に、自宅は兄(佐々木さん)に、預金は妹に相続させる旨の遺言書を残しておけば、当初の想定通りの遺産分割ができました。つまり、妹の遺留分(※)は4分の1なので1000万円となり、妹がこれ以上もらう権利が発生しないのです。

※遺留分:法定相続人に最低限保障される遺産取得分。法定相続分の半分なので、今回のケースでは4分の1となる。

***
 

相続は大きなお金が動くことが多く、家族関係をも動かす可能性のあるセンシティブな問題です。正しい知識を持っていないと思わぬトラブルになってしまうため、さまざまな可能性を考慮に入れて、あらかじめ対応しておく必要があることに留意しましょう。

●妻と息子が「父の養子」に!? その事情と経緯とは…