2022年の日本株は底堅く推移している。10月末時点におけるTOPIX(東証株価指数)は1929.43ポイントと、昨年末(1992.33ポイント)から-3.2%の下落に過ぎない。米国のS&P500種株価指数が約20%と大きく下落しているのと対照的だ。2021年まで米国株に比べ上昇率が小さかったから日本株の下落率も限定的という見方もできるが、今後のパフォーマンスを期待させる結果ともいえる。この記事では2022年の国内株式型ファンドの動向と人気ファンドについて解説する。

ネット証券ではブル型・ベア型ファンドが人気

ネット証券では信用取引などで積極的に取引している投資家も多く、国内株を対象にした投資信託の販売ランキング上位にはブル型・ベア型ファンドが多い。ブル型ファンドとは、日経平均株価などの株価指数が上昇したときに、基準価額が株価指数の値上がり幅以上に利益がでるように作られたファンド。一方、ベア型ファンドは株価指数が下落したときに、株価指数の値下がり幅を上回る利益がでるように作られたファンドである。たとえば、「楽天日本株4.3倍ブル」は株価指数先物を積極的に活用することで、日々の基準価額の値動きが国内の株式市場の値動きに対して概ね4.3倍程度となることを目指して運用を行うブル型ファンドで、大手ネット証券の10月ランキングは、以下の通り。

SBI証券 10位
楽天証券 4位
auカブコム証券 3位
マネックス証券 1位

ただ、9月は-28.9%のマイナスリターンとなり、1年騰落率も-54.4%と大きく下落している。ハイリスク・ハイリターンのブル型ファンドは、長期での資産形成に適していない。短期での利益を狙う投機的な取引をする投資家以外は購入を避けたほうがいいだろう。

■楽天日本株4.3倍ブル
基準価額 8409円
信託報酬 1.243%(年率・税込)
純資産残高 488.77億円


1カ月 -28.9%
3カ月 -10.0%
6カ月 -33.1%
1年 -54.4%

(9月末時点)

日経平均株価を対象にしたインデックスファンドが人気

国内株式型ファンドでは、日経平均株価を対象にしたインデックスファンドが人気だ。ただ、日経平均株価を対象にしたインデックスファンドも、短期的な取引が行われる傾向がある。たとえば、アセットマネジメントOneの「日経225ノーロードオープン」は、10月に約140億円の資金が流出した。これは、国内公募追加型株式投資信託(ETF除く)の中で最大だ。10月は日経平均株価が約6%上昇したので、利益確定売りをだした投資家が多かったと考えられる。日経平均株価を対象にしたインデックスファンドは、株価が下落する局面で買いが増え、株価が上昇する局面で売りが増える傾向にある。しかし、日経平均株価を対象にしたインデックスファンドは保有コストである信託報酬が低く、「つみたてNISA」などを利用して長期での資産形成にも適している。短期的な値動きに一喜一憂するのではなく、長期での運用を考えるべきであろう。

■日経225ノーロードオープン
基準価額 1万9968円
信託報酬 0.55%(年率・税込)
純資産残高 2358.13億円


1カ月 6.24%
3カ月 -0.15%
6カ月 3.46%
1年 -3.24%

(10月末時点)

国内株式型ファンドの純資産額上位10ファンド

国内株式型ファンドの純資産額上位10ファンドは、以下の通り。

出所:三菱アセット・ブレインズ提供のデータを基に編集部作成

国内株式型ファンドの純資産額トップ3は、すべてアクティブファンドとなっている。ランキング1位の「ひふみプラス」は10月に約25億円の資金流入があり、純資産額は4713億5100万円だった。また、トップ10すべてのファンドが10年以上の運用実績があり、長期での資産形成に利用している投資家も多いと考えられる。純資産額上位ファンドの中から、2つのファンドを紹介する。

ひふみプラス

「日本を根っこから元気にする」をコンセプトに、主に日本の成長企業の株式に投資するアクティブファンド。2012年の運用開始以来、柔軟な運用姿勢と顔が見える運用が評価を得ている。同ファンドの10月末時点における組入上位銘柄は、以下の通り。

1.東京海上ホールディングス(8766) 2.28%
2.日本電信電話(9432) 1.91%
3.味の素(2802)1.61%
4.インターネットイニシアティブ(3774)1.50%
5.GMOペイメントゲートウェイ(3769)1.49%

2012年5月の設定来騰落率は+352.83%と、TOPIX(東証株価指数)の236.65%を大きく上回っている。2022年は米国株の下落が目立つが、同ファンドには情報・通信業や銀行・保険業などの内需株が多く、外部環境の影響を受けにくいという特徴がある。また、ひふみプラスは「NISA」や「つみたてNISA」の対象ファンドとなっており、長期での資産形成にも適したファンドといえるだろう。

■ひふみプラス
基準価額 45283円
信託報酬 1.0780%(年率・税込)
純資産残高 4713.51億円


1カ月 3.83%
3カ月 1.47%
6カ月 1.07%
1年 -14.12%

(10月末時点)

トヨタ自動車/トヨタグループ株式ファンド

トヨタ自動車およびトヨタグループの株式に投資するアクティブファンドで、10月末時点における組入上位銘柄は、以下の通り。

1.トヨタ自動車(7203) 49.3%
2.デンソー(6902) 18.7%
3.豊田自動織機(6201) 8.0%
4.SUBARU(7270) 5.7%
5.豊田通商(8015) 5.7%

組入銘柄数は19で、トヨタグループに集中投資している。そして、2003年11月からの設定来騰落率は+283.8%とTOPIX(東証株価指数)の89.4%を大きく上回っている。アクティブファンドはTOPIXなどのインデックスを上回るリターンを期待できるのが魅力だ。ただ、リターンが保証されているわけではないので、ポートフォリオの一部として組み入れるのがオススメだ。また、トヨタは日銀の金融緩和による円安が追い風になっているが、原材料費の高騰が重荷になっている。今後は鉄やアルミ、貴金属といった原材料費の高騰が収まるかどうかが焦点になるだろう。

■トヨタ自動車/トヨタグループ株式ファンド
基準価額 2万8270円
信託報酬 0.759%(年率・税込)
純資産残高 1269.37億円


1カ月 9.7%
3カ月 -0.3%
6カ月 -3.4%
1年 -2.7%

(10月末時点)