マネジャーとして5年間勤務した弁当店がコロナ不況で閉店することになり、突然クビを言い渡された。この春、宮田恵里さん(仮名)の身に起こった出来事です。宮田さんをスカウトした社長の息子が弁当店の経営に関わるようになり、その息子の不興を買ったのが原因でした。息子は自分の横暴を棚に上げ、反旗を翻したパートたちの裏で糸を引いていたのが宮田さんだと思い込んでいたようです。

しかし、マネジャーとは名ばかりで給料は時給計算、月々の家賃を支払うのが精一杯だったこともあり、リストラされた時点で貯蓄額はゼロでした。宮田さんはシングル、両親は既に亡く、1人きりのきょうだいである妹も経済的に余裕があるわけではありません。翌月の家賃も払えず、危うく路頭に迷うところだった宮田さんを救ったのが、あるお金の専門家でした。宮田さんが、波瀾万丈の経験を話してくれました。

〈宮田恵里さんプロフィール〉
神奈川県在住
42歳
女性
会社員(事務職)
結婚歴はなく1人暮らし
金融資産35万円(現在)

***
 

私は、新卒で入社した小さなデザイン事務所に5年ほど勤務した後、企画会社や飲食店などの職場を転々としてきました。今年の春まで、地元で2店舗を運営する弁当店のマネジャーとして、30人ほどのパートさんを束ねる仕事をしていました。

マネジャーといっても待遇はパートさんと変わらず、給与は時給計算です。毎月の手取り収入は18万円を超えるか超えないかで、8万円の家賃を払うと生活はギリギリ。とても貯蓄などする余裕はありません。持病があって病院通いが欠かせないので国民健康保険料は払っていますが、国民年金はずっと未納でした。

社長の長男による経営改革でパートと対立

弁当店で働き始めたのは5年前。仕事を通して知り合った不動産会社の社長に気に入られ、「うちが経営している店を手伝ってくれないか」とスカウトされたのがきっかけでした。飲食店で副店長の経験があり、売り上げや商品、シフトの管理から、ウェブサイトや販促用のチラシのデザインなどがひと通りこなせる私は重宝され、当初は社長から「私の参謀役になってほしい」と言われていました。

しかし、3年ほど前に社長の長男が副社長として弁当店の経営に関わるようになってから、風向きが変わりました。

30歳になったばかりの副社長は大学卒業後に地元の金融機関に勤務していたこともあり、コスト管理に厳しく、DX(デジタルトランスフォーメーション)のような新しい時流に敏感です。着任早々やり玉に挙げられたのが廃棄弁当で、POSデータの推移の把握など私の負担がめっきり増えました。また、それまでは閉店後に売れ残った弁当を当日出勤のパートさんが持ち帰っていたのですが、副社長の指示でそれも有料になりました。

副社長はパートさんの時間管理にもうるさく、食事休憩から戻るのが数分遅れただけでも文句を並べ立てます。当然ながら、パートさんとの関係は悪化。私は両者の間を取り持つ難しい役割を担うことになり、この3年間で精神的にかなり疲弊しました。

「副社長vs.パートさん」の対立がピークに達したのが、年初に起こったある事件です。副社長が既存のパートさんより高い時給で新規パートさんの募集を行い、それがパートさんたちに露見したのです。後で聞いた話では、社長は難色を示したそうですが、副社長が「店のシフトが回らなくてもいいんですか」とブチ切れ、強行したということでした。

反乱の“首謀者”は私? 納得できない解雇

当然ですが既存のパートさんたちは激怒し、古株の数人が「もうこんな店にはいられない」と言ってきました。この一件ではさすがに副社長をかばうことはできず、社長が連れてきた社会保険労務士さんやパートさんたちと話し合いの場を持ち、既存のパートさんの時給を引き上げることで一応の決着を見ました。

しかし、副社長には何のおとがめもありませんでした。それどころか、副社長はこの一件をパートの反乱と見なし、私が背後で糸を引いたと思い込んだようです。以降は何かと目の敵にされ、社長や取引先の前で「無能なマネジャー」とののしられることも何度かありました。

職場の雰囲気も日を追うごとに悪くなり、退職者も増えました。コロナ禍で苦戦が続いたこともあり、社長は売り上げの良くない店舗を閉めることを決断したようです。そして、その際、真っ先にリストラ候補に挙がったのが何と私だったのです。後に社長から呼び出され、頭を下げられました。

「実は本業の不動産の方も業績が悪化していて、私は当面そちらに注力しなければならない。副社長に『弁当店はお前に任せるから、立て直しを頼む』と伝えたところ、『宮田さんとは一緒にやっていけない。店を任せてもらうのなら人事も刷新したい』と言う。『宮田さんは功労者だぞ』と何度も説得したが、同意を得られなかった。こんなふうに追い出す形になってしまい、本当に申し訳ない」

社長の前で泣くまいと思っても、涙が止まりませんでした。この5年間はいったい何だったのか。自分という人間を全否定されたような気持ちでした。

●宮田さんが取った行動で事態は一変…!? 

※個人が特定されないよう事例を一部変更、再構成しています。