2022年3月、三菱UFJ銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「eMAXIS 日経225インデックス」の概要 

三菱UFJ銀行の3月ランキング1位は、「eMAXIS 日経225インデックス」だった。同ファンドは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。2月は1.7%のマイナスリターンとなった。米長期金利上昇やウクライナ情勢の緊迫化によって、投資家のリスク回避姿勢が強まったからだ。そして、日経平均株価は3月9日に24,681.74円まで下落し、昨年来安値を更新している。しかし、日経平均株価に連動する投資成果を目指すインデックスファンドは、株価が下落する局面で買いが増える傾向にある。三菱UFJ銀行でも、株価が下落したときに買いを入れた顧客が多かったと考えられる。3月中旬以降、日経平均株価は戻り歩調にあるが、株価が下落する局面では同ファンドに買いが入る可能性が高いだろう。

■eMAXIS 日経225インデックス
基準価額 30,847円
信託報酬 0.44%(年率・税込)
純資産残高 437.22億円

<騰落率>
1カ月 -1.7%
3カ月 -4.6%
6カ月 -5.0%
1年       -7.4%

※2月末時点

全体を見て:さまざまな投資対象が上位にランクインしている

三菱UFJ銀行では、海外株式型ファンドなど1つに偏るのではなく、国内株式や海外債券、バランスファンドなど、さまざまな投資対象が上位にランクインしている。6位の「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド」は、伝統的な債券や株式だけでなく、オルタナティブ戦略など幅広い資産に投資。マーケット環境に応じて資産配分を機動的に見直し、資産の安定的な成長を目指す。2月は0.97%のマイナスリターンとなったが、3月は1.3%のプラスリターンとなった。米長期金利上昇やウクライナ情勢の緊迫化によって株式市場は不安定な状態が続いているが、幅広い資産に分散投資する同ファンドは、下落リスクを抑えた運用が可能だ。4月以降も三菱UFJ銀行のランキング上位に入るかどうかに注目している。

■ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド
基準価額 11,881円
純資産残高 2,796億円

<騰落率> 
1カ月 -0.97%
3カ月 -3.87%
6カ月 -4.29%
1年       -1.74%

※2月末時点

 ここに注目:「マニュライフ・円ハイブリッド債券インカム・ファンド」が人気

「マニュライフ・円ハイブリッド債券インカム・ファンド」の「年1回決算型」が3位、「3カ月決算型」が7位にランクインしている。同ファンドは、相対的に高い利回りが期待できる円建てのハイブリッド債券に投資するファンドである。ハイブリッド債券とは、債券と株式の両方の性質を持った債券で、資金調達だけでなく自己資本比率を向上させることなどを目的として発行される。債務の弁済順位が一般の債権者よりも劣るが、普通社債と比べて利回りが高い点が特徴である。金利上昇懸念から直近のパフォーマンスは優れないものの、マイナス幅は小さい。株式よりも低リスクで安定的なリターンが期待できることから、4月以降も三菱UFJ銀行のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■マニュライフ・円ハイブリッド債券インカム・ファンド(年1回決算型)  
基準価額 10,408円
信託報酬 0.770%
純資産残高 2,325.7億円

<騰落率>
1カ月 -0.45%
3カ月 -0.36%
6カ月  0.15%
1年        1.72%

※2月末時点