先日、政府は訪日外国人観光客の受け入れを開始しました。1日あたりの訪日外国人の数は2万人までと完全回復とはいきませんが、少しずつ社会が明るさを取り戻しつつあるような気がしますね。

今後は日本から海外への旅行を検討する人も増えてくるでしょう。現在は日本人に対して入国や行動の制限を課している国も多いですが、新型コロナウイルスの収束が進めばそれも緩和されるかもしれません。今から楽しみにしている人も多いでしょう。

ところで、日本で初めて行われた世界一周旅行をご存じでしょうか。朝日新聞社が企画し1908年に行われたものが日本初の世界一周パック旅行だといわれています。

当時の世界一周旅行はどのようなものだったのでしょうか。小林健氏の著書『日本初の海外観光旅行 九六日間世界一周』を参考に触れてみましょう。

日本初の世界一周旅行、費用は1100万円!?

日本初の世界一周旅行の主な旅程は以下の通りです。大まかに、アメリカやヨーロッパを巡る旅でした。船でサンフランシスコへ渡り鉄道でアメリカ大陸を西から東へ横断し、その後イギリスからヨーロッパ各国を巡っています。世界一周といっても、ロシアより南のアジアやアフリカには行っていないようです。

【日本初の世界一周旅行 主な行程】
・3月18日:出航(横浜)
・3月27日:ホノルル
・4月3日:サンフランシスコ
・4月16日:ニューヨーク
・4月17日:ワシントン
・5月3日:ロンドン
・5月12日:パリ
・5月20日:ローマ
・5月30日:ベルリン
・6月7日:モスクワ
・6月21日:入港(敦賀)

現代の感覚ではゆとりある行程にも思えますが、飛行機のない当時としては過密スケジュールだったのかもしれません。ホテルに宿泊した日も見られますが、船内泊や車中泊も多く見られます。

交通が現代ほど発展していないとなると、気になるのはお金ですよね。日本初の世界一周旅行の参加費は2340円となりました。これは現在の貨幣価値に直すと1170万円に相当するそうです。旅行の費用としてはかなりの高額といえるでしょう。

そのためか、参加者にはそうそうたるメンバーが名を連ねました。銀行家や会社重役、政治家といった肩書を持つ面々が参加し、中には野村證券の創業者、野村徳七も参加していたようです。日本初の世界一周旅行は政財界の主要人物が集まる社交場でもあったのかもしれません。

出所:小林健『日本初の海外観光旅行 九六日間世界一周』(春風社)

今行くならいくら? 世界一周ツアーの値段

世界一周旅行に行くとなると、今はどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

世界一周旅行といえば「飛鳥II」を思い浮かべる人も多いでしょう。日本郵船グループの豪華客船で、世界一周をはじめさまざまなクルーズ旅行を提供しています。

現在、飛鳥IIは「2023年世界一周クルーズ」を募集しています。104日かけて西向きに世界を一周する内容で、シンガポールを経由しながら中東へ向かい、スエズ運河を通りヨーロッパへ、さらに大西洋を横断してアメリカへと向かう旅です。飛行機や鉄道を使わないため、ゆったりとした旅を楽しめるでしょう。

その分、料金はやはりお高めです。客室のグレードによって異なり、最も低価な「K:ステート」で1人580万円、最も高価な「S:ロイヤルスイート」では同3030万円となりました(2名1室利用時)。なお早期割引の条件を満たすと料金はそれぞれ最低で460万円、2420万円にまで下がります。ロイヤルスイートにはなかなか手が出ないでしょうが、部屋のグレードや早期割引を選べば参加しやすいかもしれません。

出発は2023年4月とまだ先です。時間とお金が許す人は計画を立ててみてはいかがでしょうか。なお早期割引を受けるには期日までに代金を支払う必要があるため注意してください。

【日本郵船の業績】

※2023年3月期(予想)は2022年3月期における同社の予想

円安で海外旅行の値段が上がる理由

海外旅行によく行く人は昨今の円安を苦々しく思っているかもしれません。円安には海外旅行の費用を押し上げる効果があるためです。

円安とは海外通貨に対して日本円の価値が下がることで、為替レートでいえば1ドル=100円が1ドル=130円のように上昇することをいいます。これは100円で買えていた1ドルが130円に値上がりした(日本円の価値が下がった)ということです。

海外旅行では基本的に現地通貨で支払いをしなければいけません。円安が起こると、日本円に換算したときの費用が上昇してしまいます。例えば1泊1000ドルで泊まれるホテルの場合、1ドル=100円なら10万円ですが1ドル=130円なら13万円です。ホテル側が値上げしなくても、円安下では私たち日本人にとって等しく費用が上昇してしまいます。

逆に、訪日外国人は円安を喜んでいるかもしれません。円安は日本への旅行費用を押し下げるためです。例えば訪日外国人が日本で1万円のお土産を買うとき、1ドル=100円だと100ドルを支払う計算ですが、1ドル=130円なら約77ドルで済みます。

このように円安は立場によってメリットにもデメリットにもなります。海外旅行を計画する日本人にとっては頭が痛い状況ですが、訪日外国人によるインバウンド消費を期待する国内の観光業にとっては追い風といえるでしょう。

執筆/若山卓也(わかやまFPサービス)

証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業(IFA)および保険募集人に登録し、金融商品の販売も行う。2017年から金融系ライターとして活動。AFP、証券外務員一種、プライベートバンキング・コーディネーター。