2023年9月23日(土)24日(日)に山口県宇部市の国道190号特設会場にて「UBE URBAN SPORTS FES 2023」と「第4回パルクール日本選手権」が同時開催された。

「UBE URBAN SPORTS FES 2023」は都市の風景を舞台に、自分の身体や技術を自由に表現するアーバンスポーツの魅力を身近に感じて楽しむことができるイベントとして、BMX SHOWCASEやBMX体験会、3人制バスケットボール市民大会「3×3 ENJOY II」などが実施された。またパルクール日本一が決まる「第4回パルクール日本選手権」も同時開催され、通行止めとなった国道190号線には多くの観客が来場した。
※第4回パルクール日本選手権記事はこちら

本記事では「UBE URBAN SPORTS FES 2023」当日のレポートをお届けする。

BMX SHOWCASE

地元のライダーである中務 泰法 © Jason Halayko

会場内に設置された特設のセクションに6名の国内トップライダーと、MCの米田大輔が集結。ライダーには日本が誇るBMX界のエース 中村 輪夢選手をはじめ、地元・山口県のローカルヒーロー 中務 泰法選手、ジュニア部門の世界チャンピオンである松本 翔海選手、福岡出身でアメリカでも活動の幅を広げる上田 崇人選手、名古屋を拠点に活躍するBMX兄弟 伊藤 大空・伊藤 蒼空 が名を連ね、本イベント限定のスペシャルショーケースを披露した。

多くのスマートフォンやカメラが向けられ大注目のコンテンツとなったBMX SHOWCASE。
それぞれのライダーが自身のトリックを惜しげもなく披露し、空中でのアクロバティックな動きに対してはどよめきも起こるほどであった。

宇部市長、山口県知事のはるか上を飛び越える中村 輪夢 © Jason Halayko

SHOWCASE 時には宇部市長の篠﨑 圭二氏、山口県知事の村岡 嗣政氏も来場。
途中にはMCの米田大輔が、「市長と県知事の上をBMXで飛び越える」という台本なしの“フリースタイル”なパフォーマンスを提案。会場は大盛り上がりの中で見事パフォーマンスは成功し、前代未聞のコラボレーションは大きなインパクトを残した。

ハイタッチの様子 © Jason Halayko

最後にはライダーと観客とのハイタッチ、そして写真撮影やサイン会も行われ、大盛況のうちに幕を閉じた。23日の実施のみとなった本コンテンツだが、BMXの魅力を余すことなく伝えてくれた6名のライダーとMCの米田大輔には観客から惜しみない拍手が送られた。

3×3 ENJOY II

エキシビジョンマッチの様子 © Jason Halayko

また同じく同日には、3人制バスケットボール市民大会「3×3 ENJOY II」が行われた。イベントのゲストには 3人制バスケットボールのプロチームである、スリストム広島(広島)、SOLVIENTO KAMAKURA ZUSHI.EXE(神奈川)の2チームが参加し、クリニックやエキシビジョンマッチを実施した。

注目の市民大会ではU12部門や女子部門が行われる中、一般部門では地元のチームである「仁」が優勝。
イベントの最後には優勝した仁と、プロチームであるスリストム広島・SOLVIENTO KAMAKURA ZUSHI.EXEの連合チームによる10分間のエキシビジョンマッチが行われた。
序盤から確実にシュートを決めていく仁に対して、プロ連合チームはスピードやフィジカルで上回ったがボールがリングに嫌われてリードを許していた。

試合終盤ではプロ連合チームもギアを上げて点差を縮めたが、アウトサイドから攻めるプロ連合チームに対して確実にディフェンスリバウンドを押さえ、シュートを決め切った仁が逃げ切って勝利。
まさかのプロ連合チームに勝利するというジャイアントキリングを巻き起こした。

エキシビジョンゲームで何本ものシュートを沈めた「仁」の森本選手
© Jason Halayko

仁の代表である斎坂 稜選手は優勝コメントにて
「普段なかなか外でプレーする機会が少ない中で、初めて組んだチームでしたが凄くフィットして良いゲームになったと思います。まさかエキシビジョンでプロチームに勝てるとは思いませんでしたが、チームメイトの森本選手がたくさんシュートを決めてくれたし、追い付かれても諦めずにチーム一丸となって頑張ったことが勝利に繋がったと思います!」と語ってくれた。

© Jason Halayko

イベントを通して

© Jason Halayko

初開催となった「UBE URBAN SPORTS FES 2023」は来場者数もさることながら、想像以上の話題性と熱狂を生みだした。BMX SHOWCASEや3×3のほかにもスケートボード体験会や、宇部市のグルメ品が揃ったフードエリアなど、全年齢が楽しめるフェスとしてのコンテンツも充実していた。
イベントには子ども連れの家族、学生たちも多く見られ、イベント開催の本来の目的でもある「中心市街の活性化」「若者世代の獲得」に向けて大きな足掛かりとなったことは間違いないだろう。

様々な課題を抱える地方都市が「アーバンスポーツ」の力で活性化を図る―。
来年以降も本イベントが開催されること、そして今後の宇部市の更なる発展に期待していきたい。

イベント概要

名称:UBE URBAN SPORTS FES 2023
会場:宇部市役所前から松山町一丁目交差点までの国道190号特設会場約600m
日程:2023年9月23日(土祝)24日(日)
入場料:無料
主催:宇部市
後援:(一社)日本アーバンスポーツ支援協議会
協力:(公財)日本体操協会
メディア協力:FINEPLAY
主管:UBE URBAN SPORTS FES 2023実行委員会
問い合わせ先:宇部市観光スポーツ文化部スポーツ振興課
Email:info@ubeusfes.jp

The post 宇部市が街をアーバンスポーツの舞台に変えた。「UBE URBAN SPORTS FES 2023」イベントレポート first appeared on FINEPLAY.