2023年12月10日(日)から17日(日)まで東京・有明コロシアムでワールドスケートボードストリート世界選手権2023東京(以下、ワールドスケートボード東京2023)が開催される。

ワールドスケートボード東京2023には来年の夏季オリンピック開催国であるフランス、スケートボード大国 アメリカ、ブラジル、オーストラリア、そしてスケートボードの熱狂が高まる日本のほか、カナダ、スペイン、イギリス、ドイツ、イタリア、中国、韓国、プエルトリコ、ウクライナ、ベネズエラ、ザンビアまで、世界50ヵ国以上から200名を超えるアスリートが集結。
そのアスリート一覧が発表された。

男子部門は海外からナイジャ・ヒューストン、グスタボ・リベイロ、ケウビン・ホフラー、ジャガー・イートンに加え、日本からは堀米雄斗、白井空良、小野寺吟雲、佐々木音憧、根附海⿓、青木勇貴斗、松本浬璃、池慧野巨、長井太雅が出場。

女子部門もライッサ・レアウ、クロエ コベル、パメラ・ロザ、ペイジ・ハインといったスケートボード界のアイコンたちと、日本の西矢椛、織田夢海、赤間凛音、中山楓奈、吉沢恋、上村葵、伊藤美優、中島ののか、藤澤虹々可が出場決定した。

詳しい選手情報は、下記「出場アスリート一覧」から、またはオフィシャルWEBサイトよりご確認ください。

出場アスリート一覧

小野寺 吟雲Men’s Skateboard Street / 男子スケートボードストリート

Nyjah Huston(ナイジャ・ヒューストン)[USA]
Gustavo Ribeiro(グスタボ・リベイロ)[POR]
Kelvin Hoefler(ケウビン・ホフラー)[BRA]
Sora Shirai(白井空良)[JPN]
Richard Tury(リヒャルト・トゥリー)[SVK]
Ginwoo Onodera(小野寺吟雲)[JPN]
Toa Sasaki(佐々木音憧)[JPN]
Jagger Eaton(ジャガー・イートン)[USA]
Giovanni Vianna(ジオバンニ・ビアンナ)[BRA]
Chris Joslin(クリス・ジョスリン)[USA]
Yuto Horigome(堀米雄斗)[JPN]
Vincent Milou(ヴィンセント・ミルー)[FRA]
Matias Dell Olio(マティアス・デル・オリオ)[ARG]
Kairi Netsuke(根附海⿓)[JPN]
Ryan Decenzo(ライアン・デセンゾ)[CAN]
Yukito Aoki(青木勇貴斗)[JPN]
Mauro Iglesias(マウロ・イグレシアス)[ARG]
Felipe Gustavo(グスタボ・フェリペ)[BRA]
Kairi Matsumoto(松本浬璃)[JPN]
Jc Gonzalez(ルイス ハンカルロス・ゴンサレス オルティス)[COL]
Joseph Garbaccio(ジョゼフ・ガルバッチョ)[FRA]
Cordano Russell(コルダノ・ラッセル)[CAN]
Shane Oneill(シェーン・オニール)[AUS]
Angelo Caro(アンヘロ・カロ ナルバエス)[PER]
Alexander Midler(アレックス・ミドラー)[USA]
Gabryel Aguilar(ガブリエル・アグイラ)[BRA]
Braden Hoban(ブレイデン・ホーバン)[USA]
Justin Sommer(ジャスティン・ソマー)[GER]
Koffe Kroon(コフ・クルーン)[SWE]
Micky Papa(ミッキー・パパ)[CAN]
Jake Ilardi(ジェーク・イラーディ)[USA]
Tommy Fynn(トミー・フィン)[AUS]
Filipe Mota(フィリペ・モタ)[BRA]
Rome Collyer(ローム・コリアー)[AUS]
Joe Hinson(ジョー・ヒンソン)[GBR]
Matt Berger(マット・バージャー)[CAN]
Carlos Ribeiro(カルロス・リベイロ)[BRA]
Keyaki Ike(池慧野巨)[JPN]
Jamie Foy(ジェイミー・フォイ)[USA]
Dashawn Jordan(ダショーン・ジョーダン)[USA]
Kilian Zehnder(キリアン・ゼンダー)[SUI]
Gabriel Ribeiro(ゲイブリエル・リベイロ)[POR]
João Lucas(ジョアン・ルーカス)[BRA]
Lucas Rabelo(ルーカス・ラベロ)[BRA]
Deivid Tuesta(デイヴィッド・トゥエスタ)[PER]
Agus Aquila(アグス・アキラ)[ITA]
Ivan Monteiro(イヴァン・モンテイロ)[BRA]
Taiga Nagai(長井太雅)[JPN]
ほか、計145名

  

織田 夢海 © Jake Darwen / World SkateWomen’s Skateboard Street / 女子スケートボードストリート

Momiji Nishiya(西矢椛)[JPN]
Rayssa Leal(ライッサ・レアウ)[BRA]
Yumeka Oda(織田夢海)[JPN]
Rizu Akama(赤間凛音)[JPN]
Chloe Covell(クロエ コベル)[AUS]
Funa Nakayama(中山楓奈)[JPN]
Pamela Rosa(パメラ・ロザ)[BRA]
Coco Yoshizawa(吉沢恋)[JPN]
Paige Heyn(ペイジ・ハイン)[USA]
Aoi Uemura(上村葵)[JPN]
Roos Zwetsloot(ロース・ズウェツロート)[NED]
Miyu Ito(伊藤美優)[JPN]
Haylie Powell(ヘーリー・ポーウェル)[AUS]
Liv Lovelace(リブ・ラブレース)[AUS]
Nonoka Nakajima(中島ののか)[JPN]
Wenhui Zeng(ソン ブンケイ)[CHN]
Mariah Duran(マライア・デュラン)[USA]
Keet Oldenbeuving(ケート・オルデンベービング)[NED]
Daniela Terol(ダニエラ・テロル)[ESP]
Candy Jacobs(キャンディ・ジェイコブズ)[NED]
Lucie Schoonheere(ルーシー・スクーンヒー)[FRA]
Natalia Munoz(ナターリャ・ムニョズ)[ESP]
Charlotte Hym(シャルロット・イム)[FRA]
Poe Pinson(ポエ・ピンソン)[USA]
Lore Bruggeman(ロル・ブルヘマン)[BEL]
Siye Ha(シイェ・ハー)[KOR]
Nanaka Fujisawa(藤澤虹々可)[JPN]
Flic Turner(フリック・ターナー)[AUS]
Kemily Suiara(ケミリー・スイアラ)[BRA]
Afrika Criado Oliva(アフリカ・クリアド・オリヴァ)[ESP]
Chenxi Cui(チェンシー・ツイ)[CHN]
Aldana Bertran(アルダナ・ベルトラン)[ARG]
Meagan Guy(メーガン・ギー)[USA]
Sam Secours(サム・セクール)[CAN]
Junyi Lan(ジュンイー・ラン)[CHN]
Ailin Arzua(アイリン・アルズア)[ARG]
Yan Zhang(ヤン・チャン)[CHN]
Jeromine Louvet(ジェロミヌ・ルーヴェ)[FRA]
Christine Cottam(クリスティーン・コッタム)[USA]
Margielyn Didal(マージリン・ディダル)[PHI]
Marina Gabriela Pinto(マリナ・ガブリエラ・ピント)[BRA]
Carla Karolina Silva(カーラ・カロリーナ・シルヴァ)[BRA]
Vilja Lundmark(ヴィリャ・ルンドマルク)[SWE]
Asia Lanzi(アジア・ランツィ)[ITA]
Vianez Morales Collazo(ヴィアネス・モラレス・コヤソ)[PUR]
Julia Placek(ユリア・プラセック)[AUT]
Rafaela Costa(ラファエラ・コスタ)[POR]
ほか、計78名

※世界ランキング上位の選手を抜粋して紹介しています。出場アスリートは予告なく変更となる場合があります。

The post 「ワールドスケートボード東京2023」世界50ヵ国以上から200名を超えるスケーターが集結! first appeared on FINEPLAY.