2024年4月14日(日)静岡県静岡市にある東静岡アート&スポーツヒロバにて、Japan Street League (以下:JSL)2024年の第1戦 ” BORDERLESS SESSION ”が開幕された。2024年の招待選手は昨年JSLランキングトップ10名に加えて、映像選考により新たに男女20名の選手を迎える形となった。大会当日は怪我等により参戦できなかった選手もいた中、計24名の若きスケーター達が静岡の地に集結した。

招待選手たちの集合写真

JSLは今大会より国内大会では珍しい男女混合のジェンダーレス大会として開催された。出場者は完全招待制になっており、北は北海道、南は九州とまさに全国から選手が集まる中、そして海外から台湾のレジェンドADee Lu(アディー・ルー)が招待された。オリンピックイヤーの今年は年間を通して全2戦を予定しており、シリーズ年間王者を決めるストリートツアーリーグである。

JSLは日本から世界の舞台へ繋がるリーグになることを使命と掲げ、より世界を意識する為に国際ストリート大会同様のレギュレーションを採用。予選は45秒のラン2本のみで争い、ベストスコア1本(100点満点)が採用され、各ヒートの上位8名が決勝進出となる。決勝は45秒のラン2本とベストトリック5本の計7本のうちのベストスコア4本の合計点(400点満点)で勝敗が決まる。

ただし、ランは最大で1本のみが採用となる。このことから決勝ではラン2本でミスをした場合でも、ベストトリックで逆転が可能となるため、最後の1本まで体力と集中力が必要となる最後まで油断できない戦いが繰り広げられた。

JSL初開催となる東静岡アート&スポーツヒロバ

東静岡アート&スポーツヒロバ

ここ東静岡アート&スポーツヒロバでは、スケートボードやBMX、インラインスケートを楽しむことができるローラースポーツパークや、アートイベントを始め様々なイベントの開催も可能な芝生エリアがある。

またこのパークは、昨年のStreet League Skateboarding (以下 : SLS)で大躍進をみせ、さらに今年3月にドバイで行われた「WST Dubai Street 2024」でも見事優勝を収めた、今まさにノリに乗っている根附海龍(ネツケ・カイリ)のホームパークでもある。なお今大会には現地時間4月20日(土)にアメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴで開催されるSLSツアー参戦のためエントリーを見合わせた。

佐々木音憧がベテラン池を抑え、2024年開幕戦を勝ち取る

佐々木音憧のライディング

佐々木音憧・池慧野巨・渡邊星那・藪下桃平・齋藤丈太郎・瀧永遥句・田渕利來・安部来夢の8名が決勝進出。JSLでは表彰台常連とも言える佐々木音憧(ササキ・トア)が安定したランとベストトリックで4本の高得点をしっかりメイクし優勝した。

ランでは「キャバレリアルフロントサイドリップスライド」「フェイキーフロントサイドスミスストール」「360フリップ」「バックサイド360」などとバリエーション豊かなラン構成でミスがあったものの78.60pt獲得。

ベストトリックはランで温存していたノーリーで攻める。1本目に「ノーリー180スイッチスミスグラインド」が83.20pt、2本目は「ノーリー180ファイブオーグラインド」でトライするもミス。3本目は同じ技をしっかりメイクし87.27pt、4本目は世界選手権でも披露し、ナイジャ・ヒューストンも彼のこの技に惚れたのではないかと思われるほどの完璧な、「キャバレリアルノーズブラントスライド toフェイキー」をメイクし89.50ptと高得点を連発し優勝を飾った。

勝利者インタビューでは「最高です。ランをミスで乗り切れなかったのが悔しいですね。このあと5月にオリンピック予選シリーズ(OQS)上海大会があって、ここまで来たからには必ずオリンピックに出たいです。」と佐々木らしい短い言葉で優勝の喜びと今後の意気込みを語った。

池慧野巨のライディング

22歳のベテラン池慧野巨(イケ・ケヤキ)は予選後のインタビューで「ここに来る前に確かロングレールからレッジにかけれそうな所があったなーと思って、50-50トランスファ50-50をトライしました。ミスったけど、自分的にはオモロかったので良しです!コンテストは出ないと感覚が鈍ってしまうので、タイミングが合えば出れる限り出たいと思っていました。45秒のランが自分自身苦手なのは自覚しているので、もしこのまま決勝にあがれたらベストトリックでカバーして優勝を狙いたいですね。」と語り、

決勝ではその苦手とするランで「バックサイドファイブオーグラインド180アウト」のミスが響き佐々木の得点に届かず準優勝となった。そんな池だったが、ベストトリックの4本目では「ノーリービックスピンバックサイドテールスライドtoフェイキー」を完璧にメイクし、今大会最高得点の90.23ptをマークした。

渡邊星那のライディング

3位は佐々木と同じく17歳の渡邊星那(ワタナベセナ)。予選ギリギリ8位で決勝へと駒を進めた渡邊は「ヒール技がなくなったら終わり!」と豪語するくらいのヒールマスター。

予選後のインタビューでは「一番メイクしたかったヒールフリップバックサイドグラインドをメイクできず悔しかったです。ブラントとかフィーブルが決まって気持ちいーって思ってたら勢いがつき過ぎてミスっちゃいました。」と話してくれた。

その後決勝のベストトリックでは2本目に完璧な「バリアルヒールバックサイドリップスライド」が84.23pt、4本目の「ヒールフリップフロントサイドリップスライド」が85.27ptと得意のヒールからなるトリックを駆使して得点を伸ばすもあと1本がメイクすることができず、惜しくも3位フィニッシュとなった。

特別賞はガールズ最高得点をメイクした弱冠12歳の松本雪聖が受賞

松本雪聖のライディング

今回は特別賞としてベストガールズ賞が設けられた。受賞したのはガールズ最高得点をメイクした弱冠12歳、熊本出身の中学1年生である松本雪聖 (マツモトイブキ)。松本は今年3月にドバイで行われた「WST Dubai Street 2024」で4位に入賞した実力者だ。

ランでは「キックフリップフロントサイドボードスライド」「バックサイドノーズグラインド」「フロントサイドフィーブルグラインド」「フロントサイドノーズグラインド」「バックサイドフリップ50-50グラインド」と技のバリエーションが豊富で安定感と攻めのライディングを見せつけた。予選45秒のランでは2本ともフルメイクし63.20ptと64.80ptと高得点を叩き出すも惜しくも予選敗退となった。

松本は「予選最後のバックサイドフリップ50-50が練習ではどうしても決まらず苦戦したんですけど、本番では決めれてよかったです。長いレールとか女の子だとなかなか流せないんで、そこを意識してランでの技のバリエーションを増やしていきたいです。これからも頑張りますんで、応援よろしくお願いします!」と笑顔で語ってくれた。

右から招待選手の松本、杉本、中島

今回女子選手は北野朝戸(キタノセト)・高橋月音(タカハシユノ)・松本雪聖(マツモトイブキ)・杉本二湖(スギモトニコ)・中島野々花(ナカジマノノカ)・藤澤虹々可(フジサワナナカ)の6名が映像審査を通過し招待された。

ローカルライダーの根附海龍が応援に駆けつける

会場へ応援に駆け付けた根附海龍

大会終盤には、4月20日(土)の「SLSサンディエゴ」そして5月16日(木)〜19日(日)の「オリンピック予選シリーズ(OQS)上海大会」と国際大会への転戦が続くことから体力温存を優先し今大会をスキップした根附だったが会場へ応援に駆けつけてくれた。

「いつも滑っているパークですし、全国からトップ選手が集まるってことで応援を兼ねて観戦しに来ました。同じ静岡の浦野建隼を応援しに来たんですが、予選で負けちゃって…笑。 SLSっていう大会はスケーターにとってとても重要な大会ですし、そこで自分の滑りをして表彰台に上がれたらいいなと思います。そのあとのオリンピック予選では獲得ポイントがデカくなるけど、そういうことは意識せず自分らしく滑りメダルを取ることと、オリンピックに出場して、金メダル取れるよう頑張ります。」と、メインMC上田豪氏のインタビューに答え、今後続く大会への意気込みを語ってくれた。(*開催日程は現地時間)

昨年、SLS出場へ繋がる日本唯一の大会として注目を集めたのがこのJSL。根附に続く新たなスーパースターが誕生するのか?!次戦では何かしらの情報が公開されることだろう。

そんな次戦は夏のパリ五輪を終えた2024年9月29日(日)スキップファクトリーでの開催が決定。今年は2戦のためここで年間チャンピオンが決定する。

大会結果

1位:佐々木 音憧  338.57pt
2位:池 慧野巨   327.93pt
3位:渡邊星那    249.17pt
4位:藪下 桃平   233.96pt
5位:齋藤 丈太郎  157.37pt
6位:瀧永 遥句   152.54pt
7位:田渕 利來   148.04pt
8位:安部 来夢     70.23pt
特別賞:松本 雪聖

大会概要

【タイトル】BORDERLESS SESSION
【日程】2024年4月14日(日) 
【会場協力】東静岡アート&スポーツヒロバ(〒420-0813 静岡県静岡市葵区長沼3−76)
【主催】JAPAN STREET LEAGUE実行委員会
【協力】4s sound / Liveheats / Tufleg / GREENFUL
【特別協賛】FOD / SEIKO 5 SPORTS / Columbia / SKIPFACTORY / ステンレスアート共栄 / MARUHAN / Red Bull Japan
【MC】上田豪 (メインMC) / 寺井裕次郎 (サブMC)
【ジャッジ】謝花明徳 / 橋本貴興 / 宮島大介
【ライブ配信】FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)

The post 2024年のJSLシリーズ開幕戦となった“BORDERLESS SESSION”を制したのは、佐々木音憧! first appeared on FINEPLAY.