【インタビュー/FINEPLAY】
7歳から祥洲氏に師事し、2007年より本格的に作家活動を開始。オリジナルの墨作り、伝統から現代の書まで幅広く作風を展開。
日本・アジア初開催となる世界大会Red Bull X-FIGHTERS OSAKAの会場の筆文字、千葉で開催されたRed Bull AIR RACE「千葉」「CHIBA」の揮毫、國母和宏「KAMIKAZU」タイトル、ライダー名揮毫などアクションスポーツシーンでも多彩な才能を見せる書家 HILOKI TANAKAにインタビュー。

film by 上坊俊晴,Translated by Daiki Hatakeyama_

書家 HILOKI TANAKA プロフィール
1983年3月4日生まれ。
7歳から祥洲氏に師事。2005年花園大学書道コースを卒業。
2007年より本格的に作家活動を開始。オリジナルの墨作り、伝統から現代の書まで幅広く作風を展開。
2010年、第二回顔真卿国際書法展では、大賞の第一席西安碑林館長賞を受賞。国際展での受賞はその他多数。
個展やグループ展を活動のベースとしながら、様々な活動を展開。
阪神タイガースチームスローガン、2016年「超変革」、2017年「挑む」、2018年「執念」を三年連続で揮毫。
日本初・アジア初開催となる世界大会Red Bull X-FIGHTERS OSAKAの会場の筆文字、千葉で開催されたRed Bull AIR RACE「千葉」「CHIBA」を揮毫。國母和宏「KAMIKAZU」タイトル、ライダー名揮毫。
他にも京都サンガF.Cとのイベントコラボ、映画代筆、ライブパフォーマンス、店舗アートワーク等々、多岐に渡り作品を露出。
京都は三条富小路、滋賀は南草津、愛知は名古屋で小学生〜一般の方まで通う書道教室、滴游会HILOKI書道教室主幹。主なリザルト
・RedBull Kart Fight Japan Final ライブペイント(2012年)
・RedBull X-FIGHTERS OSAKA 会場の筆文字(2013、2014年)
・京都パープルサンガF.C コラボレーション(2014〜2016年)
・RedBull AIR RACE「千葉(CHIBA)」(2015年)
・阪神タイガースチームスローガン(2016年〜2018年まで3年連続)
・國母 和宏「KAMIKAZU」タイトル ライダー名(2018年)

The post 「表現は生き物」書家 HILOKI TANAKA first appeared on FINEPLAY.