2021年6月10日(木)〜6月12日(土) 、千葉県いすみ市・太東ビーチパークで行われたJPSAツアー第2戦「9GATES. PRO 太東」。前大会の「さわかみチャレンジシリーズ 一宮プロ -Challenge I-」に続き、田岡なつみがウィメンズクラスで優勝、森大騎がメンズクラスで優勝した。以下、大会決勝のリポート。

大会リポート

c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION

波のサイズはヒザ〜モモ。弱いオンショアが吹くものの、安定したコンディションのもとスタートした大会最終日。

ショートボード・ウィメンズクラス優勝の座を賭けて争ったのは、田岡なつみと吉川広夏となった。

ツアー開幕戦「さわかみチャレンジシリーズ 一宮プロ -Challenge I-」でも接戦を繰り広げた2人。ヒート序盤、吉川が立て続けに波をつかんだが、点数が伸び悩む。一方、地道にスコアを重ねていった田岡が常にヒートをリードし、合計10.60ptで優勝を勝ち取った。

田岡なつみ c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION

 

田岡は優勝を受け、「太東は私がサーフィンを始めたポイントで、小さい頃から毎週練習して他のでほんとに嬉しいです!3連勝目指して頑張ります」と次戦に向けた意気込みを語った。

田岡なつみ c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION田岡なつみ c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION吉川広夏 c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION吉川広夏 c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION

メンズクラス決勝は、井上鷹と森大騎が激突。

序盤で5点台をスコアし、試合をリードした井上だったが、5本目のライディングでノーズ+リップを披露した森が7.00ptで逆転。その後も一進一退の攻防を繰り広げた。

終盤、残り3分のところでライディングをした森が7.35ptのエクセレントライドをメイク。地元千葉での優勝を手にした。

(左から)森大騎と井上鷹 c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION

 森は、「ホームポイントで家族や皆んなの応援が力になり勝つことができました!気を抜かず次の千倉も頑張ります」とコメント。地元サポーターへの感謝を表した。

次戦は2021年7月6日(火)〜7月8日(木)にかけて開催される「さわかみチャレンジシリーズ 千倉オープン -Challenge II- エントリー」。今後も選手たちの活躍をチェックしていきたい。

愛息子に優勝を報告する森大騎 c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION森大騎 c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION森大騎 c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION井上鷹 c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION井上鷹 c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION

大会結果

・メンズクラス

優勝:森 大騎
2位:井上 鷹
3位:秋本 祥坪、塚本 将也(同率)

・ウィメンズクラス

優勝:田岡 なつみ
2位:吉川 広夏
3位:大池 裕美子、市川 梨花(同率)

・プロ合格者

大場 玲遥、平賀 美香、寺前 昌子、井上 楓、井上 桜

text by 佐藤稜馬

The post 田岡が2連勝・森が地元優勝 JPSAロングボードツアー第2戦『9GATES. PRO 太東』 first appeared on FINEPLAY.