東京五輪のスケートボード女子ストリート決勝が26日、有明アーバンスポーツパークで行われ、日本の西矢椛(もみじ、13歳=ムラサキスポーツ)が、「ラン」と「ベストトリック」のトータルスコア15・26点で優勝し、日本人史上最年少で快挙を成し遂げ、スケートボード・ストリート女子で初代女王へ輝いた。
また中山楓奈(ふうな、16歳=ムラサキスポーツ)が14・49点で銅メダルを獲得。世界女王の西村碧莉(ムラサキスポーツ)はトリックでポイントを重ねることができず8位に終わった。

五輪初採用となるスケートボード・ストリートは堀米雄斗の金、西矢椛の金、中山楓奈の銅と日本勢のメダルラッシュとなった。

The post 西矢 椛が金、中山 楓奈は銅メダル獲得!【東京五輪スケートボード・ストリート女子】 first appeared on FINEPLAY.