ジープ26年ぶりのピックアップトラック「グラディエーター」。2019年に北米で販売が開始されたそのときから、我々はずーっと待っていた。

そしてついに…… ついに、今冬日本へ正式輸入されることが発表された!

既に特設サイトもオープンしているその詳細を、改めておさらいしよう。

足回りはグラディエーター専用にセッティングされている。

グラディエーターのベースは「ラングラー」の5ドアモデル、アンリミテッドだ。

ジープブランドのピックアップは、1947年にラングラーの祖にあたる「CJ」シリーズのピックアップから始まった。「グランドワゴニア」や「チェロキー」と同じプラットフォームを使うことになった1963年にグラディエーターの名が使われたこともある。

その後グラディエーターの名は1971年に廃止され、ジープブランドのピックアップ自体も1992年に生産が終了してしまったが、懐かしい名とともに日本でも復活したというわけだ。

公開されている特設サイトによれば、日本仕様は右ハンドルになるようだ。

日本仕様の詳細はまだ発表されていないが、本国モデルの全長はトヨタの「タコマ」(日本のハイラックスに相当)より約200mm大きい5539mmで、全幅1875mm、全高1857〜1907mmという威風堂々たるサイズ。

本国で搭載されているエンジンは3Lディーゼルと3.6Lガソリンがあるが、恐らく日本にはラングラー同様、3.6Lガソリンが選ばれのではと言われる。

3.6Lと大排気量だけど、レギュラー仕様なのがうれしい。これに8速ATが組み合わされるはず。

後席座面を跳ね上げると、下には収納ボックス装備されている。本国のシート素材は布製と革製の2種類。日本仕様は果たして!?

ラングラー同様、強固なラダーフレーム構造で「ロックトラック4×4システム」と、さらにハードなオフロードもこなせる「セレクトラックフルタイム4×4」の2種類の4WDシステムが用意されている。

ちなみに日本の特設サイトをみると、現状ハード仕様な4WDシステムを搭載したグレード「ルビコン」のみが表示されている。ってことはいちばんタフなグラディエーターから日本にやって来そうだ。

水深30インチ(約762mm)の川も渡ることができ、荷台には1600ポンド(約726kg)まで積めて、7650ポンド(約3470kg)までけん引できるマッチョな性能を備えている。

キャンプ道具やらアウトドアギアなんかをガッツリと積んで、道なき道を進み、誰も見たことのないような絶景までたどり着く、なんてこともできそうだ。

最低地上高はラングラーよりもさらに高く、254mmから。それだけ凹凸道にも強いってことだ。

走行性能だけでなく、屋根もドアも外せて、フロントガラスも前方へパタンと倒すことができるなど、なかなかの無頼派。

一方でAppleCarplayやGoogleAutoにも対応しているので、好きな音楽を簡単に楽しむことができたり、スマートフォンのナビアプリも使える“現代っ子”でもある。

カヤックでもモトクロスバイクでも何でも積んで、道なき道の先までたどり着けるグラディエーター。

本国で用意されている取り外し可能なBluetoothスピーカーが備わるか?とか、荷台に電源は? リフトアップキットなど200種類以上といわれる多彩なオプション類は日本でも選べるの!?

とワクワクは尽きないが、現時点で発売開始時期や価格、仕様の詳細は未定。

さあ、今年の冬が俄然待ち遠しくなってきた。

籠島康弘=文

OCEANS_logo