スペイン語圏で絶大な人気を誇る世界最高峰フリースタイル・ラップバトルが日本上陸!

レッドブル主催の「Red Bull Batalla」はラテンアメリカとスペインを繋ぐ世界規模のフリースタイル・ラップバトルの大会として、2005 年からスペイン語圏のラッパーたちに翼をさずける場として注目を集めてきた。その「Red Bull Batalla」が、日本語ラップに適した大会フォーマットに生まれ変わり、「Red Bull 韻 DA HOUSE」として 2021 年からスタート。

「Red Bull 韻 DA HOUSE」の大会ルールは 1 対 1 のフリースタイルバトルで、各自の持ち時間は 60 秒・2 ラウンド制。ジャッジ(審査員)による投票でトーナメントを勝ち抜く。

日本ではめずらしい時間制フリースタイルバトルは斬新で、レッドブルのステージ上だからこそ炸裂するパンチラインには、新しい時代を感じさせる言葉の数々が生み出される。

そんな「Red Bull 韻 DA HOUSE 2021」の初代王者を決める決勝トーナメントを、10 月 2 日(土)「舞浜アンフィシアター」にて開催。日本全国のラップバトルの垣根を超えて、ラップシーンの最前線で活躍する強豪や人気者たちが一堂に会した。

Keisuke Kato / Red Bull Content Pool

「Red Bull 韻 DA HOUSE」の決勝トーナメントに登場したバトルMC は、MU-TON、CHEHON、 GOMESS、呂布 000 カルマ、ID、輪入道、Scooby J、S-kaine、Rin 音、Nidra Assassin、SILENT KILLA JOINT、Fuma no KTR、Yella goat。さらに 2021 年 7 月の東西予選を勝ち抜いた、東組代表のPONEY、西組代表のミステリオ、そして審査員特別枠で決勝進出したPOWER WAVE 。個性とスキルがありあまる合計 16 名のMCたちが初代王者を目指してステージに上がった。

当日の模様はレッドブルのヒップホップ専門 YouTube チャンネル「レッドブルマイク」で会場から生配信され、日本の音楽チャートさえも賑わすZORN のライブや、お笑い芸人ゆりやんレトリィバァとラッパーACE によるエキシビジョンバトルなどもあり、合計 10 万再生を記録。

© Suguru Saito / Red Bull Content Pool

そんな世界最高峰フリースタイル・ラップバトル「Red Bull 韻 DA HOUSE」の初代王者に輝いたのは、ラップバトル 14 年のキャリアを誇る、輪入道。

© Suguru Saito / Red Bull Content Pool

“すごく意味のある日になりました。夢見ていた未来が今日だった”

決勝後のインタビューで本人は「本来の自分を取り戻せた。すごく意味のある日になりました」「今大会の強敵は 1 回戦のGOMESS です。GOMESSに負けるか優勝かっていう気持ちでやりまし た。もう負けられないという気持ちでした」「高校の最寄り駅が舞浜駅(今大会の会場最寄り駅) だったんですけど、それから 10何年経って同じ場所で、自分より若い人が集まって楽しんでいる、ティーンエイジャーの頃に夢見ていた未来が今日だったという感じです。レッドブルに感謝です」と地元千葉で、魂で勝ち取った優勝の喜びを噛み締めた。

今大会のアーカイブ映像は YouTube チャンネル「レッドブルマイク」にて絶賛公開中。ゆりや んレトリィバァ vs ACE のエキシビションバトルは 10 月 16 日(土)正午まで視聴可能だ。

バトル MC

MU-TON
CHEHON
GOMESS
呂布 000 カルマ
ID
輪入道
Scooby J
S-kaine
Rin 音
Nidra Assassin
SILENT KILLA JOINT
Fuma no KTR
Yella goat
PONEY
ミステリオ
POWER WAVE

バトル DJ:DJ YANATAKE、DJ TIGU
オープニング DJ:DJ TATSUKI

The post レッドブル主催のラップバトル 輪入道が初代チャンピオンに決定【Red Bull 韻 DA HOUSE 2021】 first appeared on FINEPLAY.