東京五輪で新競技の3人制バスケ「3×3」に出場し、チームを決勝トーナメント進出へ導いた立役者、落合知也さん。

実は、無類のスニーカー好きとしても知られ、自他共に認めるナイキマニアだ。(スニーカーの所持数は、なんと450足超え!)

そんなプロアスリートであり、ストリートシーンもよく知る落合さんに、機能やデザインの観点から「イケてるバッシュ」を紹介してもらう本企画。

全3回の第1回は、言わずと知れたナイキの名シリーズ「エア ジョーダン」に焦点を当て、思い出深いエピソードと共に推しの3足を教えてもらった。

【1足目】ナイキ「エア ジョーダン 2」

開口一番、「エア ジョーダン 1がめちゃくちゃ好きでおそらく50足以上はあると思います」と、目を輝かせながら話す落合さん。

となれば、やはり一足めは……と思っていたら、なんと予想外の「エア ジョーダン 2」をセレクト。

「シリーズの中でも『2がいちばん好き!』という人はなかなかいないんじゃないですか(笑)。履いている人もあまり見かけないですしね」。

確かに、メジャーな「1」や「3」、「7」などと比べるとやや影が薄い印象はある。

「みんなが注目しないシューズにそそられるっていうのも1つの理由ですが、実はシーンに登場した1987年は、僕の生まれた年でもあるんです。それだけでもグッとくるものがありますよね。

これは当時の復刻版で“シカゴホーム”という、マイケル・ジョーダンがシカゴ・ブルズのホームアリーナ、ユナイテッド・センターでプレーする際に履いていたものと同じ配色なんです」。

ホワイトとレッドのシンプルな配色。

スウッシュがないモデルとしても知られる「エア ジョーダン 2」。しかも、最高品質の素材を使い、バスケットシューズをエレガントに仕立てたところがキモである。

落合さんもそのあたりは織り込み済みで、ファッション的であることも理由に挙げる。

「プレミアムレザーやイグアナのフェイクレザーを取り入れて製作しているんですよね。だからなのか、“バッシュ”なのに超洒落ている。

僕はこのデザインがすごく好きなんですよ。イタリアのちょいワル親父が履いてそうな感じ(笑)。ハイブランドの服と合わせても遜色ない佇まいですよね」。

エレガントと洗練を意識したエア ジョーダン 2は、その上質なレザーが結果的に堅牢性を生み、さらに快適性も担保した一足になった。これは紛れもない影の名作なのである。

【2足目】ナイキ「エア ジョーダン 6」

続いて落合さんが手に取ったのは、「エア ジョーダン 6」だ。

ナイキのバッシュがハイテク化への道を歩み始めた最初のモデルであり、マイケル・ジョーダンが初めてNBAのファイナルでマジック・ジョンソン率いる「ロサンゼルス・レイカーズ」を破りチャンピオンリングを獲得したときのモデルでもある。

日本のストリート誌がこぞってエア ジョーダンシリーズを取り上げ始めたのもちょうどこの頃だけに、きっとオーシャンズ世代にとっても印象深いモデルではないだろうか。

ただ、我々が思い描いているものと一線を画すのは、シューズの全面にバスケ漫画の金字塔『スラムダンク』のイラストが大胆にあしらわれていることだろう。

よく見ると、漫画のワンシーンが描かれている。

「これは『スラムダンク』とのコラボですね。漫画をお好きな方なら覚えているかもしれませんが、エア ジョーダン 6は主人公の桜木花道が履いていたモデルです」。

当初バスケ素人の桜木花道は、履いていた体育館シューズが壊れてしまったため、バスケットシューズを購入することに。そこで手にしたのが「エア ジョーダン 6」である。

ファンの間ではお馴染みのスポーツショップ「チエコスポーツ」の店長から「中古だからまけてくれ。30円で」と理不尽な理由でゲットする名シーンは、今見ても微笑ましい。

「やっぱり避けては通れないバイブル。『スラムダンク』のいろいろなシーンが自分のバスケに影響している部分はあると思います。もともとエア ジョーダン 6は好きなんですけど、これは日本人としての誇りを持ちながら履ける一足だと思うんです。

なにせ、世界に誇る日本の漫画ですからね。海外に履いていくと、スニーカーマニアが『おぉ、ジョーダン 6のスラムダンクモデルを履いてやがる!』となる。スニーカーショップへ行けば、『ナイスキックス!』とか『クール!』とか言ってくれますよ。

僕は、テレビに出演するときによく履いていますね」。
改めてスニーカーと漫画は国境を越えることを実感する。「3×3」で世界を股にかけ活躍してきた男の言葉はやはり重みが違う。

【3足目】ナイキ「エア ジョーダン 12」

ラストを飾るのは「エア ジョーダン 12」。2013年に購入したというこちらは、アウトソール裏のカーボンとのコンビがニューヨーク市内を走っているタクシーを連想させることから、通称“タクシー”とも呼ばれる。

「ジョーダンは一度NBAから距離を置くのですが再び復帰し、それから3連覇を達成します。そのちょうど2回目の優勝を果たした’97年に履いていたモデルですね」。

’97年のユタ・ジャズとの激しい攻防は、NBAファイナルの伝説的試合として広く知られている。マイケル・ジョーダンの神がかったプレーはもはや語り草だ。

ただ、落合さんにとっては今なお続く“かけがえのない出会い”を生んだシューズでもあるという。

「ふと、NBAでジョーダンが活躍していた頃のモデルをどうしても手に入れたいと思ったんです。

当時、そこまでスニーカーを買い慣れていなかったので、どこに売っているのかと思い“ジョーダン 12”、“タクシー”と打ち込みネットで検索しました。そこで、一番トップにあがってきたスニーカーショップが、上野にある『山男フットギア』でした」。

「在庫を確認したところ、ちょうど電話に出たのが社長さんでした。でも、そのときはもう売り切れて在庫がなかったんですよね。足のサイズが30cmですし、まあ、ないよな〜と半ば諦めていたんです。そしたら、お店から電話がかかってきて『たまたまキャンセルが入って1足戻ってきました!』と。

たとえ1足戻ってきたとはいえ、掛け直してしてくれることってそうそうないじゃないですか。それで、実際にお店へ買いに行ったら店員さんが僕を知っていてくれたんですよ。

当時、プロじゃないんですけどストリートバスケのイベントにはちょくちょく出ていて、“ワーム”というニックネームで活動していました。そしたら、『わっ、ワームだ!』と。すごくありがたいですよね。山男さんには今もお世話になっています」。

「スニーカーの一つひとつに時代的背景や素敵なエピソードがある。それらをすべて知ったうえで僕は履きたいんですよね」と落合さん。

そうして選んだエア ジョーダンシリーズの厳選3足。そこには、長きにわたり同シリーズと共に歩んできた彼独特の目線とこだわりが感じられて面白い。

落合知也 プロフィール

1987年生まれ。東京都出身。大学卒業後、知人の誘いから3人制のバスケットボールチームに加入。以後、「3×3」を軸に活動し、世界各地で行われる大会に出場。先日行われた東京五輪の新競技「3×3」では、予選リーグ突破に貢献。現在は、B2リーグの「越谷アルファーズ」にも在籍し、5人制バスケとの二足の草鞋を履く。無類のスニーカー好きとして知られ、その数450足以上。スニーカー専用の倉庫も構える。

川西章紀=写真 菊地 亮=取材・文

OCEANS_logo