[強弱材料]

強気材料
・NYダウは上昇(32928.96、+511.37)
・ナスダック総合指数は上昇(12789.48、+146.47)
・VIX指数は低下(19.75、-1.52)
・活発な自社株買い
・米国景気は拡大
・日銀は金融緩和を継続

弱気材料
・日経平均は下落(30696.96、-294.73)
・シカゴ日経先物は下落(30600、大阪比-100)
・1ドル=149.00-10円
・SOX指数は下落(3185.18、-41.91)
・米原油先物は下落(82.31、-3.23)
・米長期金利は上昇
・イスラエル情勢の緊迫化
・原発処理水をめぐる対中関係悪化
・米国の金融引き締め継続
・世界的なインフレ
・ウクライナでの戦闘長期化

留意事項
・完全失業率(9月)
・有効求人倍率(9月)
・小売売上高(9月)
・百貨店売上高(9月)
・スーパー売上高(9月)
・鉱工業生産指数(9月)
・消費者態度指数(10月)
・住宅着工件数(9月)
・日銀金融政策決定会合の結果発表
・植田日銀総裁が会見
・外国為替平衡操作の実施状況(9月28日-10月27日)
・大和証G<8601>、商船三井<9104>、三井物<8031>、JT<2914>、JR東<9020>、アドバンテ<6857>、村田製<6981>、東電力HD<9501>、レーザーテック<6920>、ファナック<6954>、デンソー<6902>、三菱電<6503>など決算発表
・中国製造業PMI(10月)
・中国非製造業PMI(10月)
・台湾GDP(7-9月)
・香港GDP(7-9月)
・ユーロ圏GDP速報値(7-9月)
・ユーロ圏消費者物価指数(10月)
・インド財政赤字(9月)
・ブラジル全国失業率(9月)
・南アフリカ貿易収支(9月)
・米雇用コスト指数(7-9月)
・米FHFA住宅価格指数(8月)
・米S&P/コアロジックCS20都市住宅価格指数(8月)
・米MNIシカゴ購買部協会景気指数(10月)
・米消費者信頼感指数(10月)
・米連邦公開市場委員会(FOMC)(11月1日まで)
・BP、キャタピラー、BASF、ファイザー、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ、サムスン電子など決算発表