米中閣僚レベルの「経済対話」はこのほど、閉幕した。両国政府は貿易赤字の削減に向けて建設的な協力で一致した。

中国外交部は20日、対話期間内に幅広いテーマが持ち上げられたことを評価した。また、農産品やエネルギー、サービスの中国輸出などを含めた貿易不均衡是正の「100日計画」も大きな進展を果したと強調した。

専門家は、米中閣僚レベルの「経済対話」について、米中間の貿易不均衡を是正する目的で、対抗するために開かれた対話ではないと強調。貿易不均衡は貿易だけでは解決できないと指摘し、貿易投資の協力などで全面的な協力が必要になるとの見方を示した。

中国の財政部は、米中政府がさらに貿易不均衡を是正するための「1年間計画」を合意したと発表。マクロ経済政策や貿易、投資、グローバル・ガバナンスの4分野が含まれ、早期の実現を目指しているとも発言した。

専門家は、これから米国産農産品や高級アパレル、化粧品、高級自動車、文化関連製品など付加価値の高い商品の中国輸出が拡大されると予測。これに伴い、米中間の貿易不均衡の是正が一段と進むとの見方を示した。