本日のマザーズ市場では、前日に続きマザーズ指数が大幅な下落を強いられた。12月開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受けて米連邦準備理事会(FRB)のタカ派姿勢が意識され、米金利上昇とともに中小型グロース(成長)株の売りが一段と広がった。急落した銘柄が多く、信用取引の追加証拠金(追い証)差し入れを回避するための売りも出たとみられる。なお、マザーズ指数は大幅に4日続落、終値では5%近い下落となった。900ptを割り込み、2020年5月19日以来の安値を付けた。売買代金は概算で1735.26億円。騰落数は、値上がり46銘柄、値下がり363銘柄、変わらず10銘柄となった。
 個別では、メルカリ<4385>が6%近く下落したほか、フリー<4478>、ビジョナル<4194>、JTOWER<4485>といったその他時価総額上位も軒並み大きく下落。売買代金上位ではFRONTEO<2158>が大幅に4日続落し、日本電解<5759>やアジアクエスト<4261>も売りに押された。また、昨年12月上場のエフ・コード<9211>などが下落率上位に顔を出した。一方、GEI<9212>やステラファーマ<4888>は上昇。11〜12月上場で直近下落していた銘柄の一角には押し目買いが入り、サイエンスアーツ<4412>とGRCS<9250>がストップ高を付けた。フレクト<4414>も大幅に上昇した。