本日のマザーズ市場では、東証1部市場と同様に売り買いが交錯する展開となった。主力大型株では直近軟調だった値がさグロース(成長)株の上昇が目立ち、マザーズ指数もこうした流れを追い風に、後場の寄り付き直後には一時3%近く上昇した。しかし、日銀金融政策決定会合を通過して日経平均が急失速すると、マザーズ指数も再びマイナスへ転じる場面があった。なお、マザーズ指数は4日ぶり反発、売買代金は概算で1544.37億円。騰落数は、値上がり217銘柄、値下がり182銘柄、変わらず20銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のフリー<4478>などが上昇し、外資系証券の投資判断引き上げが観測されたビジョナル<4194>は大きく買われる場面があった。売買代金上位ではEnjin<7370>が連日のストップ高。決算を好感した買いが続いた。また、GEI<9212>など直近IPO(新規株式公開)銘柄の一角が賑わい、エフ・コード<9211>やサイエンスアーツ<4412>はストップ高水準で取引を終えた。一方、時価総額上位ではメルカリ<4385>が小安く、売買代金上位ではFRONTEO<2158>が軟調。また、モビルス<4370>などが下落率上位に顔を出した。