本日のマザーズ市場では、朝方こそ前日の米ハイテク株高を受けた買いが入ったものの、その後リスク回避目的の売りが広がった。急激な米金融引き締めやウクライナ情勢の緊迫化への懸念が強まり、日経平均が一時27000円を割り込むなど大きく下落したことから、マザーズ市場でも個人投資家のセンチメントが一段と悪化した。なお、マザーズ指数は大幅に3日続落、終値でも5%近い下落となり、節目の800ptを大きく割り込んだ。2020年4月27日以来の安値水準となる。売買代金は概算で1411.84億円。騰落数は、値上がり22銘柄、値下がり389銘柄、変わらず9銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のメルカリ<4385>、ビジョナル<4194>、フリー<4478>などが軒並み軟調。このところ賑わっていた昨年12月上場の直近IPO(新規株式公開)銘柄に売りが広がり、GEI<9212>が売買代金、下落率ともにトップとなった。また、その他売買代金上位ではアジアクエスト<4261>、エフ・コード<9211>、FRONTEO<2158>、JTOWER<4485>などが売りに押された。一方、リアルワールド<3691>やグローバルセキュ<4417>はリリースを材料視した買いが優勢で、ナレッジスイート<3999>は12月度の月次報告が好感された。また、CANBAS<4575>が上昇率トップとなった。