日経平均は小幅に3日続落。朝方は米債利回り上昇に伴い円高が一服していたことから、本日の日経平均は3円高でスタートした。前場には一時20036.31円(前日比60.64円高)まで上昇したが、25日から開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果や企業決算を見極めたいとの思惑などから買いは続かず、前引けにかけてマイナスに転じ19941.61円(同34.06円安)まで下落する場面があった。後場はおおむね小幅安水準でのもみ合いとなり、こう着感の強い展開だった。東証1部売買代金は連日で2兆円を割り込んだ。

大引けの日経平均は前日比20.47円安の19955.20円となった。東証1部の売買高は14億9756万株、売買代金は1兆8865億円だった。業種別では、パルプ・紙が2%超下落したほか、その他製品、空運業が下落率上位だった。一方、石油・石炭製品や輸送用機器などが上昇した。

個別では、売買代金トップの任天堂<7974>やKDDI<9433>、NTTドコモ<9437>などが軟調。NTTドコモは業績観測が報じられた。三菱UFJ<8306>やファーストリテ<9983>も小安い。決算の監査意見に関する報道が見られた東芝<6502>や、業績予想の修正を発表した昭電工<4004>は下げが目立った。また、新作ゲームの情報公開で材料出尽くし感が広がったenish<3667>が大きく売られ、イーブック<3658>やOBC<4733>などとともに東証1部下落率上位に顔を出した。一方、ソフトバンクG<9984>、トヨタ自<7203>、JT<2914>、東エレク<8035>、ファナック<6954>などがしっかり。一部証券会社の目標株価引き上げが観測された安川電<6506>は4%超高。レナウン<3606>も引き続き活況となった。また、協栄産<6973>がストップ高まで買われたほか、日理化<4406>やソルクシーズ<4284>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。