日経平均は小幅続伸。注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明を受けて、米連邦準備理事会(FRB)のバランスシート縮小開始の時期に関して不透明感が広がったことから円高・ドル安が進み、本日の日経平均は23円安でスタートした。ただ、決算が好感された銘柄に加え、業績期待の高い銘柄などに決算を先取りする買いが入り、日経平均は前場にプラスへと切り返した。後場には一時20176.39円(前日比126.23円高)まで上昇する場面があったが、引けにかけて利益確定の動きも見られた。

大引けの日経平均は前日比29.48円高の20079.64円となった。東証1部の売買高は18億3716万株、売買代金は2兆5460億円だった。業種別では、その他製品が3%を超える上昇となったほか、精密機器、電気・ガス業が上昇率上位だった。一方、石油・石炭製品、銀行業、海運業が下落率上位だった。

個別では、売買代金トップの任天堂<7974>が7%超の上昇となった。前日発表した第1四半期決算が市場予想を上回った。日本電産<6594>も同様で5%超高。アドバンテス<6857>は決算を受けて売りが先行したものの切り返し、HOYA<7741>は取引時間中に発表した決算と自社株買いが好感された。その他、トヨタ自<7203>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、東エレク<8035>、アドバンテス<6857>などがしっかり。また、戸田工<4100>、日精線<5659>、沖電線<5815>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>などがさえない。東芝<6502>は半導体事業売却の合意先送りで急反落。また、VOYAGE<3688>、レナウン<3606>、ユアテック<1934>などが東証1部下落率上位に顔を出した。