日経平均は続伸。16日の米国市場でNYダウは267ドル高と4日続伸し、主要株価指数が揃って過去最高値を更新した。堅調な経済指標や市場予想を上回る企業決算が好感された。本日の東京市場も米株高の流れを引き継ぎ、さらに台湾積体電路製造(TSMC)の業績・設備投資見通しを受けて半導体関連株に買いが先行。日経平均は170円高からスタートすると、寄り付き直後に取引時間中の昨年来高値24115.95円(前日比182.82円高)を付けた。上値では利益確定の売りも出て伸び悩んだが、結局3ケタの上昇で取引を終えた。

大引けの日経平均は前日比108.13円高の24041.26円となった。終値としては3日ぶりに24000円台を回復した。東証1部の売買高は10億7935万株、売買代金は2兆0013億円だった。業種別では、鉄鋼、海運業、輸送用機器が上昇率上位だった。一方、電気・ガス業、水産・農林業、小売業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の55%、対して値下がり銘柄は39%となった。

個別では、信越化<4063>など半導体関連株の一角や、米モルガン・スタンレーの決算が好感された三菱UFJ<8306>が堅調。SUBARU<7270>やスズキ<7269>は4%高となり、自動車株の一角で上げが目立った。ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、トヨタ自<7203>、任天堂<7974>は小幅に上昇。業績観測が報じられたヤマトHD<9064>は悪材料出尽くし感から5%近く上昇した。また、株式分割実施を発表した三洋貿易<3176>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、ソニー<6758>、東エレク<8035>、村田製<6981>が小安い。半導体関連株でも朝高後は伸び悩む銘柄が多く見られた。太陽誘電<6976>は3%近く下落し、伊方原発3号機が運転差し止めの仮処分を受けた四国電力<9507>は後場急落。また、エムアップ<3661>などが東証1部下落率上位に顔を出した。