日経平均は小幅続伸。15日の米国市場でNYダウは続伸し、305ドル高となった。良好な経済指標や企業決算が相次ぎ、S&P500指数とともに過去最高値を更新。長期金利の低下でハイテク株にも買いが入った。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで146円高からスタートしたが、国内の新型コロナウイルス感染拡大への懸念に加え、本日米国で開催される日米首脳会談の内容を見極めたいといったムードもあり、寄り付きを高値に失速。度々マイナスに転じる場面も出てくるなど、前日までと同様に上値の重い展開だった。

大引けの日経平均は前日比40.68円高の29683.37円となった。東証1部の売買高は9億0915万株、売買代金は2兆0555億円だった。業種別では、鉱業、保険業、空運業が上昇率上位だった。一方、海運業、電気・ガス業、銀行業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の47%、対して値下がり銘柄は48%となった。

個別では、エムスリー<2413>が3%上昇し、レーザーテック<6920>や日本電産<6594>も堅調。ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、東エレク<8035>は小じっかりと値がさ株に買いが入った。上場4日目の紀文食品<2933>は連日で商いを伴って大幅高。一部メディアで複数の買い手候補が関心を示していると報じられたスクエニHD<9684>も急伸した。決算・業績修正を発表した銘柄では大和ハウス<1925>などが買われ、日置電<6866>はストップ高水準で取引を終えた。一方、英ファンドの買取提案に反対する方向と伝わった東芝<6502>は6%の下落。ソフトバンクG<9984>やソニーG<6758>も軟調で、郵船<9101>は2%超下落した。また、ヨシムラフード<2884>は決算を受けて売りがかさみ、東証1部下落率上位に顔を出した。