日経平均は5日続伸。25日の米株式市場でのNYダウは81ドル安と4日ぶりに小反落。新型コロナワクチンの普及による経済活動正常化への期待のほか、米長期金利が1.6%を下回って推移していることを受け、レジャー関連のほかハイテク株に買いが入った。ただ、4月の新築住宅販売件数など経済指標が揃って市場予想を下回ったこともあり、引けにかけ下落に転じた。なお、ナスダック総合指数は0.02%安。本日の日経平均は157円安と反落して始まったが、米長期金利の低下を追い風としたグロース(成長)株の堅調推移を背景に、即座に切り返してプラスに転じると、28710.83円まで上値を伸ばした。ただ、その後は伸び悩んで一時は上げ幅をほぼ吐き出す場面も。時価外の米株価指数先物が堅調なことなどを背景に後場は再び上げ幅を拡げて始まったが、こう着感を強め、大引けまで28600円台でのもみ合いが続いた。

 大引けの日経平均は前日比88.21円高の28642.19円となった。東証1部の売買高は10億9663万株、売買代金は2兆4138億円だった。セクター別では、空運業、陸運業、サービス業、化学、電気機器などが上昇率上位となった。一方、鉄鋼、パルプ・紙、電気・ガス業、銀行業、石油・石炭製品などが下落率上位に並んだ。東証1部の値上がり銘柄は35%、対して値下がり銘柄は全体の59%であった。

 個別では、中期経営計画を発表した住友精密<6355>が急伸して東証1部の値上がり率トップとなった、同様に3カ年の中計を手掛かりにサンリオ<8136>も買われた。また、自己株取得数の上限引き上げを発表したデジタルHD<2389>、大量保有報告書で大株主としての光通信の存在が明らかになったサニックス<4651>、などが大幅に上昇。そのほか、証券会社によるレーティングを材料に、ウシオ電機<6925>、日本製鋼所<5631>、カシオ<6952>などが買われた。また、米モデルナの新型コロナワクチンが10代の若者に対しても極めて有効であることが示されたことや、国内でのワクチン接種体制の整備を背景に、JAL<9201>やANA<9202>などの大手航空のほか、エアトリ<6191>、H.I.S.<9603>などの旅行関連、OLC<4661>などのレジャー関連も買われた。一方、前日に21年3月期の決算訂正を発表し、営業損益が1億円の黒字から6億円の赤字へと修正された曙ブレーキ<7238>や、ベビーカー自主回収が嫌気されたピジョン<7956>などが大きく下落した。

 売買代金上位では、リクルートHD<6098>、Zホールディングス<4689>、OLC、パナソニック<6752>、JAL、などが大幅高となったほか、任天堂<7974>、信越化学<4063>、マネックスG<8698>、ファナック<6954>などが1%を超える上昇率となった。一方、米長期金利の低下を受けて三菱UFJ<8306>などの大手金融株が軟調だったほか、ソフトバンクグループ<9984>、ソニーグループ<6758>、ホンダ<7267>、日本製鉄<5401>、KDDI<9433>などが下落した。