日経平均は4日続落。6月30日の米国市場でNYダウは続伸し、210ドル高となった。6月のADP雇用統計で雇用者数の伸びが市場予想を上回り、景気敏感株を中心に買いが入った。本日の日経平均もNYダウの上昇を好感して40円高からスタートしたが、寄り付き直後をこの日の高値にマイナス転換。国内での新型コロナウイルス新規感染者数の増加などが懸念されて弱含み、後場の寄り付きで一時28624.80円(前日比166.73円安)まで下落した。週末発表の米雇用統計を見極めたいとの思惑も強く、売買はやや低調だった。

大引けの日経平均は前日比84.49円安の28707.04円となった。東証1部の売買高は8億3323万株、売買代金は1兆9862億円だった。業種別では、海運業、情報・通信業、金属製品が下落率上位だった。一方、空運業、鉱業、保険業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の59%、対して値上がり銘柄は35%となった。

個別では、ソフトバンクG<9984>、トヨタ自<7203>、任天堂<7974>、エーザイ<4523>、東エレク<8035>などが小安い。郵船<9101>や商船三井<9104>は4%近く下落し、海運株の軟調ぶりが目立った。三菱電<6503>は不適切検査が相次ぎ伝わったことで6%の下落。前日大きく買われたベイカレント<6532>は急反落した。また、業績上方修正のマルマエ<6264>は材料出尽くし感が広がり、東証1部下落率上位に顔を出した。一方、ソニーG<6758>や信越化<4063>が堅調で、レーザーテック<6920>やファーストリテ<9983>は小高い。ニトリHD<9843>は決算が好感されて2%の上昇。東芝<6502>はキオクシアホールディングスの上場が報じられて再度買われた。また、決算発表の三陽商<8011>や業績上方修正のパソナ<2168>が急伸し、パイプドHD<3919>などとともに東証1部上昇率上位に顔を出した。