日経平均は8日ぶり反落。先週末22日の米株式市場でNYダウは4日ぶり反落。写真・動画共有アプリのスナップ(SNAP)の四半期決算が予想を下回り、ハイテクセクターが売られた。また、7月のPMI速報値が2年ぶりに50割れとなったことも景気敏感株などの売り圧力となった。米株安を受けた今日の日経平均は216.89円安でスタート。日経平均が先週末までの7日続伸で1500円を超す上げとなったことから利益確定売りも出やすかった。また、外為市場で一時1ドル=135円90銭前後と先週末22日15時頃に比べ2円ほど円高・ドル安に振れたことが輸出株などの株価を抑えた。日経平均は朝方にやや下げ渋る場面があったが、中国株安なども重しとなり戻りは続かず、後場はやや様子見ムードが広がる中で本日を終えた。

大引けの日経平均は前日比215.41円安の27699.25円となった。東証プライムの売買高は8億2392万株、売買代金は2兆613億円だった。セクターでは電気機器、機械、化学などが下落。一方、空運業、陸運業、食料品が上昇した。東証プライムの値下がり銘柄は全体の59%、対して値上がり銘柄は36%となった。

個別では、米国で景気敏感株が下げた流れを受け、日本製鉄<5401>や昭電工<4004>など景気敏株が総じて軟調。円高・ドル安もありトヨタ<7203>などの輸出株が安く、レーザーテック<6920>や信越化<4063>などのハイテク株・半導体関連株も冴えない動きとなった。このほかエーザイ<4523>、リクルートHD<6098>、日本電産<6594>、キーエンス<6861>なども売りに押された。個別の材料では、利益上方修正だが売上高の下方修正がネガティブ視された東製鉄<5423>、業績予想を下方修正した小野測器<6858>、外傷性脳損傷治療薬SB623の9月までの承認取得がないとの判断を示したサンバイオ<4592>などが下げた。

一方、JR東<9020>などの電鉄株や日本航空<9201>などの空運株が堅調で、三菱UFJ<8306>や三井住友<8316>などの金融株も底堅く推移した。個別の材料では、大規模な自社株消却を発表したレーサム<8890>、業績予想を上方修正したクレステック<7812>、サル痘予防に天然痘ワクチン活用へとの報道が材料視された明治HD<2269>、中古EVの電池査定を開始と報じられたオークネット<3964>、6月の売上高が前年同月比45%増となったレントラックス<6045>が上げた。また、豪州アントンパール社の株式大量取得を手掛かりに人気化しているオーバル<7727>が3営業日ぶりにザラ場で寄り付き大幅高となった。