日経平均は反発。2日の米株式市場でダウ平均は402ドル安と大幅続落。ペロシ下院議長の台湾訪問を巡る中国の警告を受け、米中摩擦リスクを警戒した売りが先行。数名の連邦準備制度理事会(FRB)高官がインフレ抑制の必要性を強調し、9月の0.75ptの利上げも除外しなかったことで金利が急伸したことも重石になった。ナスダック総合指数は-0.16%と小幅続落。米中摩擦を意識した売りで前日に先んじて大きく下げていた日経平均は78.27円高から反発スタート。円高・ドル安が一服していたことも支援要因に堅調推移が続き、朝方に一時250円近くまで上げ幅を広げた。その後、一時急速に上げ幅を縮める動きも見られたが、すぐに切り返した。午後はアジア市況やダウ平均先物などが堅調に推移するなか、底堅い動きとなったが、材料不足のなか動意に乏しく、狭いレンジでのもみ合いとなった。

 大引けの日経平均は前日比147.17円高の27741.90円となった。東証プライム市場の売買高は11億7660万株、売買代金は2兆9200億円だった。セクターでは精密機器、保険、卸売が上昇率上位となった一方、電気・ガス、不動産、建設が下落率上位となった。東証プライム市場の値上がり銘柄は全体の37%、対して値下がり銘柄は58%となった。

 個別では、レーザーテック<6920>、ソニーG<6758>、日本電産<6594>など主力ハイテク株が総じて堅調。エムスリー<2413>、ZHD<4689>などグロース(成長)株が全般高く、SHIFT<3697>、Sansan<4443>は急伸。前日に好決算を発表した三菱商事<8058>は大幅高。ファーストリテ<9983>は堅調な7月既存店売上高が好感されて上昇。ダイキン<6367>、JR西日本<9021>、イビデン<4062>、ニチレイ<2871>は決算を手掛かりに大きく上昇。イリソ電子<6908>、IMAGICA<6879>、サンリオ<8136>は決算リリースを受けてそれぞれ急伸し、東証プライム市場の値上がり率上位に並んだ。

 一方、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、OLC<4661>、リクルートHD<6098>、信越化学<4063>が軟調。AGC<5201>は通期計画を上方修正も出尽くし感から売り優勢。東京電力HD<9501>は第1四半期経常損益の赤字転落が嫌気され下落。F&LC<3563>は冴えない月次動向が失望されて急落。ユー・エス・エス<4732>、ケーズHD<8282>、ダイヘン<6622>、NOK<7240>などは決算を受けて急落し、東証プライム市場の値下がり率上位に並んだ。川崎汽船<9107>は前引け後に決算を発表したが、株主還元期待が高まっていたなか期待値に届かず後場に大きく下落。郵船<9101>は増配を発表も出尽くし感から伸び悩み。商船三井<9104>は連れ安の展開となった。SUBARU<7270>は後場に決算を発表したが低進捗率が嫌気されて大幅安となった。