日経平均は大幅反発。東京市場が祝日だった間の10、11日の米株式市場では、ダウ平均が535.10ドル高、27.16ドル高と上昇。10日は7月消費者物価指数(CPI)が予想以上に減速したことで、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げペース減速への期待が高まり、大幅高。一方、11日は、7月生産者物価指数(PPI)も予想以上に減速したものの、FRB高官らの発言を受けて長期金利が大きく上昇したことで、買い先行で始まった後に大きく失速。ナスダック総合指数はそれぞれ+2.89%、-0.58%だった。重要インフレ指標を無難に通過した目先の安心感から売り方の買い戻しなども入り、日経平均は432.41円高とギャップアップでスタート。朝方から買いが先行し、前引け直前には28500円を回復。後場は戻り待ちの売りで伸び悩む場面もあったが、引けにかけては再び騰勢を強め、この日の高値で引けた。

 なお、8月オプション取引に係る特別清算指数(SQ)算出値は28525.62円だった。

 大引けの日経平均は前日比727.65円高の28546.98円となった。東証プライム市場の売買高は14億5793万株、売買代金は3兆7127億円だった。セクターでは精密機器、電気機器、機械を筆頭に全面高となった。東証プライム市場の値上がり銘柄は全体の87%、対して値下がり銘柄は10%となった。

 個別では、東エレク<8035>、ファナック<6954>、キーエンス<6861>などの値がさハイテク株が大幅高。アリババ株の一部売却を発表したソフトバンクG<9984>は急伸。エムスリー<2413>、リクルートHD<6098>、JMDC<4483>、メルカリ<4385>のほか、ラクス<3923>、Sansan<4443>、マネフォ<3994>などグロース(成長)株は全般強い動き。三菱商事<8058>、住友鉱山<5713>、ENEOS<5020>など資源関連株も堅調。業績予想を上方修正し、自社株買いも発表したホンダ<7267>や、4-6月期営業利益が市場予想を上回った住友不動産<8830>、SMC<6273>、パーソルHD<2181>は大きく上昇。業績予想を下方修正も、市場予想を上回る水準にとどまったコーセー<4922>はあく抜け感から買われた。DOWA<5714>は業績上方修正で急伸。楽天G<4755>は携帯事業の赤字幅縮小が好感された。

 一方、NTT<9432>、ソフトバンク<9434>、東京電力HD<9501>などの内需系ディフェンシブ銘柄の一角が軟調。業績予想を、市場予想を下回る水準にまで下方修正した資生堂<4911>も小安い。業績予想を上方修正した富士フイルム<4901>は買い先行も失速して下落。ガンホー<3765>、ブレインP<3655>、PHCホールディングス<6523>。ディー・エヌ・エー<2432>などが決算を材料に大きく売られた。