日経平均は反落。6日の米国株式市場のダウ平均は34.54ドル高(+0.10%)、S&P500は7.64ポイント高(+0.18%)、ナスダック総合指数は40.50ポイント高(+0.30%)とそれぞれ小幅に上昇した。米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げサイクル終了期待を受けた買いが先行した。先週の大幅な金利低下の反動で米長期金利が上昇したため一時売りに転じたが、ピーク金利観測は根強く、終日底堅く推移した。さらに、米中首脳会談の開催を控え、イエレン財務長官と何中国副首相が今週会談を開催することが明らかになり、中国との関係修復期待も下支え要因となった。前日の大幅上昇の反動もあり、日経平均は前日比156.71円安の32551.77円と反落スタート。10月高値(32533.08円)を超えた上昇となっていたことから買い控えも見られ、じり安の展開となった。

 大引けの日経平均は前日比436.66円安の32271.82円となった。東証プライム市場の売買高は15億9280万株、売買代金は3兆9299億円だった。セクターでは、電気・ガス業を筆頭に、パルプ・紙、保険業、陸運業などほとんどが下落した。上昇したのは水産・農林業、鉄鋼、非鉄金属のみだった。東証プライム市場の値上がり銘柄は全体の23%、対して値下がり銘柄は75%だった。

 個別では、業績見通しの上方修正を発表したティラド<7236>がストップ高比例配分。先週末の業績見通し上方修正で東証スタンダードのアルメディオ<7859>が本日もストップ高比例配分。京王電鉄<9008>がTOBにより完全子会社化すると発表したサンウッド<8903>もストップ高比例配分。決算が好感されたメイコー<6787>、配当方針を変更し今期予想配当が増配となったあすか製薬HD<4886>などが値上がり率上位に並んだ。そのほか、東証スタンダードでは阪神燃<6018>、デザインワン<6048>、東証グロースでは、AIAI<6557>が続伸、自社株買いを発表したイルグルム<3690>が一時ストップ高となった。

 一方、バイオファーマの想定以上の悪化などをネガティブ視された味の素<2802>が前日から10%以上下落。決算が嫌気された清水建設<1803>、セ硝子<4044>、東証スタンダードの藤商事<6257>、内海造船<7018>らが下落。そのほか、ダイコク電機<6430>、東証スタンダードではギグワークス<2375>ジャパンエンジン<6016>などが値下がり率上位に並んだ。東証グロースでは、来年1月に上場廃止となるアマナ<2402>が続落。デコルテHD<7372>も反落した。