日経平均は大幅反落。6日の米国株式市場のダウ平均は70.13ドル安(-0.19%)、S&P500は17.84ポイント安(-0.39%)、ナスダック総合指数は83.20ポイント安(-0.58%)とそれぞれ下落。米ADP雇用統計で、民間部門の雇用者数の伸びが予想を下回り、労働市場のひっ迫緩和で、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ終了観測が一段と強まり買いが先行した。その後、景気減速への警戒感に加えて、米雇用統計への警戒感などで買いが続かず、終盤にかけて年初来高値付近での高値警戒感などから利食い売りが優勢となった。米株安の流れと昨日の大幅上昇の反動で、日経平均は前日比280.18円安の33165.72円と反落スタート。前場なかごろに節目の33000円を下回り、後場は32875円付近でもみ合いとなった。

 大引けの日経平均は前日比587.59円安の32858.31円となった。東証プライム市場の売買高は15億4582万株、売買代金は3兆7010億円だった。セクターでは、電気・ガス業、保険業、空運業、銀行業、陸運業が上昇。そのほかは海運業、鉱業、電気機器を筆頭に下落した。東証プライム市場の値上がり銘柄は全体の15%、対して値下がり銘柄は83%だった。

 個別では、前日に業績予想の上方修正を発表したアインHD<9627>が上昇。柏崎刈羽原発の運転禁止が年内にも解除と伝わり東京電力HD<9501>が年初来高値を更新した。近視矯正レンズが中国で人気と伝わったメニコン<7780>が大幅続伸。TOB実施を発表した楽天地<8842>、東証スタンダードのオーエス<9637>がストップ高。また、今月初めに三菱地所<8802>の物流施設に顔認証プラットフォームを導入したと発表したミガロHD<5535>が大幅上昇した。

 一方、SOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)下落でアドバンテスト<6857>、東エレク<8035>など半導体銘柄が軒並み軟調。本日決算発表を行ったアイモバイル<6535>、泉州電業<9824>が下落。業績下方修正をネガティブ視の動きが継続したグッドコムA<3475>は年初来安値を更新した。楽天グループが保有株追加売却で需給への懸念先行した楽天銀行<5838>が大幅下落。前日に株式の立会外分売予定を発表した佐藤商<8065>が反落した。