前日の下げで25日線を下回っているが、ボリンジャーバンドでは高値ピーク形成後の調整局面で支持線として機能していた-1σまで下げており、リバウンドが意識されてこよう。決算を受けて利食いの流れとなったが、過度な期待は高まっていたわけではなく、4ケタ維持で仕切り直しの流れに。