足元で1050-1100円辺りでのもち合いが続いているが、25日線が支持線として意識されつつあるなか、5日線や75日線を突破してきている。一目均衡表では雲下限を支持線に、雲の中での推移が続いているが、雲上限の切り下がりによって雲を突破してくる可能性が高まっている。遅行スパンは上方シグナルを継続させている。