3営業日続伸で約1ヵ月ぶりに1300円を回復している。上値抵抗として意識されていた25日線を捉えてきており、一目均衡表では雲下限での攻防から、雲下限を突破してきている。遅行スパンは実線の高値ピーク接近だが、ピークを通過する来週には、実線が急速に切り下がるため、上方シグナル発生へのハードルが切り下がる。