7/19高値333円をピークに調整をみせているが、25日線が支持線として意識される。高値形成で長い上ヒゲを残している、出来高急増でピーク感はあるが、同線を支持線としたリバウンドが意識されよう。また、一目均衡表では雲下限が支持線として意識される。厚い雲ではあるが、雲上限は318円辺りから週末には265円辺りまで切り下がってくるため、雲突破が意識されてくる。